2019-02-07 20:25:00

アンダーセン・グローバルがペルーで協力事務所を追加

プレスリリース発表元企業:Andersen Tax
アンダーセン・グローバルがペルーで協力事務所を追加

アンダーセン・グローバルがペルーで協力事務所を追加

(サンフランシスコ)- (ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、ペルーのリマを本拠とする定評ある法務・税務・ビジネス・コンサルティング会社のエルナンデス&ウガレリ事務所と提携契約を結んだことを発表します。これは、アンダーセン・グローバルにとってペルーで2番目の提携契約です。エルナンデス&ウガレリは4人のパートナーと12人の専門家で構成されています。

エルナンデス&ウガレリは、ペルーでトップの税務・法律コンサルティング会社の1つとしての地位を確立しています。事務所の専門家チームは数十年にわたる法務経験と、税法、税関、保険、銀行・金融、インフラストラクチャー、移転価格における専門性を生かしています。チェンバーズ&パートナーズからは、2011年より一貫して税務のリーダーと認められ、リーダーズ・リーグのトランザクション&ディール・レポートでは、2018年から税法・移転価格部門でランク入りしています。

セシリア・エルナンデス氏は、以前アーサー・アンダーセンでアドバイザーを務め、税務部門で7年の経験を有しています。エルナンデス&ウガレリの創設者でありプリンシパル・パートナーのエルナンデス氏は、次のように述べています。「個別対応の顧客サービス原則と専門知識への注力が、当事務所を他の事務所と差別化する点だと考えています。当事務所の中核的価値の一例として、家族のようにお客さまのパートナーとなることや、スムーズなクラス最高のサービスを提供しつつ当社業務ではなくお客さまの業務に第一に注力することが挙げられます。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは次のように述べています。「エルナンデス&ウガレリが非常に依頼の多い事務所であることには理由があります。エルナンデス氏のチームは、最高水準の職業基準を有しているだけでなく、中南米における当社の専門知識と戦略にさらなる深みと広がりをもたらします。このチームは、この地域における当事務所の税務・法務業務に新たな次元をもたらします。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の130カ所以上の拠点に4000人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190207005371/ja/

連絡先
Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース