耳に入ってしまうほど小さなスピーカー!?ワイヤレス版「INAIR M360bt」2/4(月)より一般販売開始 音響空間ごと持ち歩き、360°音に包まれる新次元サウンド

プレスリリース発表元企業:アンドカラー合同会社
2月4日(月)に一般販売が開始される「M360bt」

内容物

ワイヤレスになった最先端のイヤーデバイス

アンドカラー合同会社(代表:佐川 大介)は、日本発のオーディオブランド INAIR(インエアー)のワイヤレスモデル INAIR M360bt(インエアー エムサンロクマルビーティー)を、2月4日(月)より順次一般販売を開始いたします。価格はオープン、メーカー希望小売価格は18,000円前後。
本製品は、2018年4月「GREEN FUNDING」にて、45日間のクラウドファンディングを実施。目標金額の100万円を大きく上回る、38,781,940円を調達し、本格的にプロジェクトが始動しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/176493/LL_img_176493_1.jpg
2月4日(月)に一般販売が開始される「M360bt」

INAIRは、独自の方式により、まるでスピーカーで聴いているかの様なサウンドで音楽を楽しめる最新のイヤーデバイスです。「最小のスピーカーを耳の中から放射状に再生したら、どんな音がするだろう?」というアイデアから開発されました。


■製品概要
本製品M360btは、2018年9月14日より販売しているM360のワイヤレス版となります。通常のイヤホンでは周囲の音を遮音するのに対し、インエアー方式では外部の音を遮音せず、音楽はしっかり聴こえ、まるでスピーカーで聴いているようにナチュラルな再生音が最大の特徴です。
また独自に開発した「AIR TUBE」が、外部への音漏れを防止すると共に豊かなベース音を作り出します。イヤーピースも完全にオリジナル。コシのある厚手のスポンジを一つ一つ削り出して成形しており、非常に柔らかく圧迫感の少ない装着感が心地良い最先端のイヤーデバイスです。


■利用シーン
M360btは、音漏れしにくい構造で、屋内だけでなく、フィットネスジムや、通勤通学時など屋外でも使用可能です。耳への負担が少なく、YouTubeや映画鑑賞など、長時間の利用にも最適となっています。ワイヤレスになり、ケーブルの煩わしさから開放され、空気のように軽いインエアー方式の装着感を是非ご体感ください。


■製品仕様
タイプ :インエアー方式イヤースピーカー
独自技術 :“AIR TUBE”Woofer Technology搭載
Bluetooth :Ver. 4.2
対応コーデック:SBC/AAC/aptX
連続再生時間 :約5時間
充電時間 :約1~2時間
周波数特性 :20 - 20kHz
インピーダンス:16Ω±15% at 1kHz(DC)

<付属品>
インエアー方式イヤースピーカー本体(1)、インエアーキャップ(6)、ケーブルクリップ(1)、充電用USBケーブル(1)、取扱説明書(1)、保証書(1)


■&COLOR INC.について
所在地 :〒203-0031 東京都東久留米市南町3-10-34
業務内容:オーディオ製品を中心とした商品企画・販売をはじめ、
国内、海外の企業と連携し、各種OEM/ODMの
開発サポートなども承っております。

INAIR インエアー方式イヤースピーカー 公式WEBサイト
http://inair-audio.com/


■お問い合わせ先
製品に関するご質問・お問合せ等のご連絡は、下記アドレスまでお願いいたします。
support@andcolor.co


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース