業界で最もスリム※でスタイリッシュな電子ピアノ

プレスリリース発表元企業:カシオ計算機株式会社

上質な鍵盤タッチと高品位な音色を実現しながらBluetooth(R)オーディオ機能で新たな楽しみ方も可能

カシオ計算機は、電子ピアノ“Privia(プリヴィア)”の新製品として、趣味でピアノを楽しむ20代~30代に向けて、奥行き業界最短となるスリムでスタイリッシュなデザインを実現し、上質な鍵盤タッチと本格的な音色を備えた『PX-S1000/S3000』を2月15日より順次発売します。
※ ハンマーアクション付きの88鍵盤、スピーカー内蔵の電子ピアノとして。2019年1月25日時点、カシオ調べ



[画像1: https://prtimes.jp/i/40622/9/resize/d40622-9-207659-0.jpg ]



“Privia”は、憧れのピアノを身近な存在にするべく、音質や鍵盤タッチなど、電子ピアノそのものの性能を高めながらも、「価格・重量とも従来の半分」という目標の下で開発されました。2003年10月に発売した第一弾モデルの「PX-100」は、その手軽さが好評を博し、ピアノ市場を大きく広げました。

今回ご案内します『PX-S1000/S3000』は、“Privia”の原点である自分の部屋に置いて楽しめる“Private Piano”というコンセプトに立ち返り、奥行き業界最短のスリムサイズでありながらも、グランドピアノを感じさせるタッチと美しい音色を実現しました。
新開発の “スマートスケーリングハンマーアクション鍵盤”により、奥行き232mmを実現し、さまざまな住宅環境でも場所をとることなく、手軽にピアノを楽しむことができます。加えて、優れた連打性とグランドピアノのタッチ感など、ピアノ本来の性能もしっかりと備えています。
音源には、打鍵の強弱に応じた音量・音色の変化に加えて、音の時間的な変化までも自然に表現する“マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源”を採用。グランドピアノが持つ弦の共鳴音や機構音も表現し、豊かで美しい音色を奏でることができます。

また、Bluetooth(R)を使ったオーディオ再生機能も新たに搭載しました。音の広がりや演奏会場の響きを加えることができるBluetooth(R)スピーカーとしても使用できるだけでなく、お気に入りの曲に合わせた演奏も可能です。

機種名:PX-S1000BK
自動伴奏機能:なし
音色数:18
メーカー希望小売価格:オープン
発売日:2月15日

機種名:PX-S1000WE
自動伴奏機能:なし
音色数:18
メーカー希望小売価格:オープン
発売日:4月

機種名:PX-S3000BK
自動伴奏機能:あり
音色数:700
メーカー希望小売価格:オープン
発売日:4月


[画像2: https://prtimes.jp/i/40622/9/resize/d40622-9-665898-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/40622/9/resize/d40622-9-313945-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/40622/9/resize/d40622-9-828436-3.jpg ]


【PX-S1000/S3000の主な特長】

手軽に楽しめるピアノとして、従来とは一線を画すスリムでスタイリッシュなサイズ
今まで培ってきたデジタル技術を駆使することで、当社現行モデル(PX-160)比で奥行き約20%のスリム化を行いながら、上質な鍵盤タッチと高品位な音色を実現しました。また、操作パネルにはタッチセンサーを採用。ボタンのないシンプルかつ先進的なデザインに仕上げました。

小型化と自然な弾き心地を両立した新開発の“スマートスケーリングハンマーアクション鍵盤”
■優れた連打性を可能にするキーオフレスポンス
鍵盤から指が離れていく際に、鍵盤の動きをもとに消音するタイミングをデジタルで制御。同音連打の際に、鍵盤が戻りきることなく鍵盤を押したとしても、次の音がしっかりと発音されます。

■グランドピアノのようなタッチ感で演奏できる“88鍵デジタルスケーリング”
グランドピアノは、88鍵それぞれのハンマーの大きさや重さにより、タッチ感に違いが生じます。このタッチ感覚の違いをデジタルで1鍵1鍵丁寧にシミュレートすることで、グランドピアノの鍵盤を弾いているような感覚での演奏を可能にしています。

美しいグランドピアノ音を追求した“マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源”
■心地よく演奏ができる豊かで伸びのある音
発音から美しく伸びてゆき、やがて消音するまでの音の変化を、音量・音質の変化も含め、なめらかに表現します。時間経過に伴う音質の変化をきめ細かく制御することで、より伸びのある音を追求しました。

■グランドピアノが持つ弦の共鳴音や機構音を表現した“アコースティックシミュレーター”
発音している音と倍音関係にある弦の共鳴音や、ダンパーペダルを踏むことで弦が解放されることによる弦の共鳴音、さらには鍵盤を極めて弱く押した時や鍵盤から指を離した時に発生する機構音に至るまで表現し、グランドピアノの音色をリアルに感じることができます。


電子ピアノの楽しみ方を広げるBluetooth(R)を使ったオーディオ再生機能
お気に入りの曲を『PX-S1000/S3000』のスピーカーからそのまま聴くことはもちろん、広がりのあるサラウンド効果を加えて聴くことができ、家に居ながらライブ感を味わうことができます。

専用アプリ「Chordana Play for Piano」に対応し、直感的な操作でピアノ設定が可能
スマートフォン、またはタブレットと接続して、『PX-S1000/S3000』の音色の切り替えや内蔵曲の再生などの各種操作をアプリ画面上で直感的に行えます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/40622/9/resize/d40622-9-253354-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/40622/9/resize/d40622-9-690234-5.jpg ]

Bluetoothは、Bluetooth SIG,Inc.,U.S.Aの登録商標であり、カシオ計算機はライセンスを取得しています。
Priviaは、カシオ計算機の登録商標です。
その他の会社名・商品名は、各社の登録商標または商標です。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 利用のイメージ。(画像: ベルキンの発表資料より)
  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース