飲食店向けPOSシステム「FScompass」にセルフレジ機能を搭載!人手不足への対応や会計のさらなる効率化を実現。

プレスリリース発表元企業:東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)
飲食店向けPOSシステム「FScompass」にセルフレジ機能を搭載!人手不足への対応や会計のさらなる効率化を実現。


東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:池田 隆之)は、飲食店向けPOSシステムとして多くの飲食店様に導入頂いている「FScompass」にセルフレジ機能を搭載し、年々深刻化する人手不足によるお客様の会計待ちストレスや、会計の効率化・省人化に対応します。 この機能を導入することで、店員の会計業務負担を軽減でき、人手不足への対応を促進することができます。また、お客様の会計待ちストレスを無くすことで顧客満足度を向上します。本機能は、システムを丸ごと入れ替えなくても「FScompass」のバージョンアップで対応可能です。


セルフレジ機能をプラスできる「FScompass」のメリット

・店員の会計業務負担を軽減し、人手不足対応も促進。

・お客様の会計待ちストレスを無くし、顧客満足度を向上。

・システムを丸ごと入れ替えなくても、FScompassバージョンアップで対応可能。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjM5NiMyMTQ2NjIjNTYzOTZfUGVDSEdLa3JuWi5wbmc.png ]


飲食店の人手不足は年々深刻化しており、店舗オペレーションがスムーズに行えないシーンが増えてきました。飲食店の会計時に店員不足から、お客様をお待たせするといった問題が続いています。


セルフレジ機能を搭載した本製品は、お客様自身が会計伝票にあるバーコードをセルフレジでスキャンすることで注文内容を呼出、支払いをすることで会計を完了することができます。店員不在時でもセルフ会計運用することで、お客様のレジ待ちストレスが軽減されるとともに、会計にかかる店員の業務負担も軽減します。

また、一つのシステムで、セルフレジと店員が対応する通常会計を切り替えることも可能です。


東芝テックはこれまで大手飲食チェーン店でテスト的に導入されていた飲食店向けセルフレジを、標準パッケージとして発売しました。これにより中小の飲食店でもセルフレジ導入が可能になりました。

先行しているスーパーマーケットなどのセルフレジのノウハウを活かしており、既に「FScompass」を導入頂いている店舗ではシステムバージョンアップで、セルフレジ機能をご利用いただけます。システムを丸ごと入れ替える必要がなく、導入のハードルを下げることができました。


今後、セルフレジに対するご要望の声の多い飲食チェーン店を中心に提案を進め、1年後に300店舗への導入を目指します。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 国内で販売を終了する「パジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • 「かるびマック」(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース