2019-01-23 17:45:00

レスメド初の頭頂部接続型CPAPマスクAirFit N30iが米国で提供可能に

プレスリリース発表元企業:ResMed
レスメド初の頭頂部接続型CPAPマスクAirFit N30iが米国で提供可能に

頭頂部でマスクとチューブを接続するAirFit N30iは、レスメドの拡大を続けるCPAPマスクポートフォリオの新製品となり、ユーザーによる体動とあらゆる姿勢での睡眠を手助け
鼻の下に位置する新しい「クレードル」クッションは、顔の擦れ跡や炎症を軽減するようにデザイン


(サンディエゴ)- (ビジネスワイヤ) -- レスメド(NYSE: RMD、ASX: RMD)は本日、当社初の頭頂部接続型CPAP鼻マスクAirFit N30iの米国投入を発表しました。AirFit N30iは、ユーザーの鼻の真下に位置する新設計の鼻クレードルクッションを備えています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20190123005304/ja/

AirFit N30i nasal CPAP mask, front view (Photo: Business Wire) AirFit N30i nasal CPAP mask, front view (Photo: Business Wire)

接続部が頭頂にあるためにチューブはユーザーの邪魔にならず、ユーザーは体を動かしたりあらゆる姿勢で眠ったりできます。レスメド初の鼻クレードルクッションは、顔の擦れ跡や炎症を軽減するようにデザインされています。

またAirFit N30iは装置供給業者や睡眠ラボにとっても便利で、わずか2つのフレームサイズと4つのクッションサイズでPAPユーザーの96パーセントにフィットします。

AirFit N30iと市場有数の頭頂部接続型鼻マスクとの比較

並置比較ではユーザーの4人に3人が他の頭頂部接続型鼻マスクよりAirFit N30iを好みました。大半はAirFit N30iを気に入り、最適なマスクとして家に持ち帰りたいと述べ、多くが「とても心地よい」、「使いやすい」、「ベッドパートナーにほとんど迷惑をかけなかった」と持ち上げました。

レスメドの睡眠事業担当プレジデントを務めるジム・ホーリングスヘッドは、次のように述べています。「AirFit N30iは、睡眠中に体を動かす鼻マスク利用者にとって優れた選択肢です。要は自由度が大事ということです。ユーザーは好きな姿勢で眠ることができるとともに、快適で信頼できる密閉性を得ることができます。またAirFit N30iは装着が非常に簡単で、睡眠専門家は手が空いてさらに多くの人々の面倒を見ることができます。」

AirFit N30iはカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、欧州の大半でも提供可能で、年内にその他の国々が続く予定です。

レスメドについて

レスメド(NYSE: RMD、ASX: RMD)は、患者を院外で治療して院外生活を維持するための革新的なソリューションを先駆的に開発することで、患者が健康と生活の質を向上させながら生活する能力を高めます。当社のクラウド接続型医療機器は、睡眠時無呼吸症、COPD、その他慢性疾患の患者に対するケアを変革します。当社の包括的な院外ソフトウエアプラットフォームは、患者が在宅または自分で選んだ医療環境にて健康を維持できるよう手助けする専門家やケア提供者を支援するものです。当社は120カ国以上で、より良いケアを可能とすることで、生活の質を改善し、慢性疾患の影響を低減して、消費者と医療制度にとってのコストを低減しています。詳細についてはResMed.comをご覧いただき、@ResMedをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190123005304/ja/

連絡先
For media:
Jayme Rubenstein
+1 858.836.6798
news@resmed.com For investors:
Amy Wakeham
+1 858.836.5000
investorrelations@resmed.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース