横河電機 「世界で最も持続可能な100社(Global 100)」に選出

プレスリリース発表元企業:Yokogawa Electric Corporation
横河電機 「世界で最も持続可能な100社(Global 100)」に選出

横河電機 「世界で最も持続可能な100社(Global 100)」に選出

(東京)- (ビジネスワイヤ) -- 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、2019年版「世界で最も持続可能な100社(Global 100 Most Sustainable Corporations in the World Index、以下、「Global 100」)」に選出されましたのでお知らせします。世界有数のサステナビリティ指標の1つであるGlobal 100に、今回、当社は初めてランクインしました。 今年15年目となるGlobal 100は、カナダの出版社および調査会社であるコーポレート・ナイツ(Corporate Knights)が、スイス・ダボスで開催の世界経済フォーラム(WEF)年次総会に合わせ、1月22日に発表しました。

2019年のランキングを決定するにあたって、コーポレート・ナイツは、年間売上高が10億ドル(約1100億円)以上で健全な財務状況にある世界の約7,500社に対して、各業界の特性に合わせて、最大21の定量的主要評価指標を基に分析を行いました。当社は、「クリーンな商品売上※1」と「イノベーション創出力」において上位25%という高い評価を受けました。

当社は、中核の制御事業において、エネルギー、化学、鉄鋼、水などのさまざまな産業のお客様と協力して、生産効率や安定性の向上に取り組み、CO2排出量と資源使用の削減、職場の安全確保などに貢献しています。また、2018年には、食品および医薬品業界向けに新たなソリューションを提供し、人々が健康で豊かに暮らせる社会に貢献するためにライフイノベーション事業本部を設立しました。

当社の代表取締役社長である西島 剛志氏は、次のように述べています。「YOKOGAWAは、2050年に向けたサステナビリティ目標「Three goals」としてNet-zero emissions、Circular economy、Well-beingを掲げ、2020年、2030年にマイルストンを設定して、その実現に向けて取り組んでいます。2019年版Global 100インデックスに選出されたことは、当社のビジネスが持続可能な社会に確実に貢献していることが評価された結果であり、今後も活動を加速していきます」。

※1:グリーン商品売上:米労働省労働統計局、カナダ統計局、気候債券イニシアチブ(CBI)等の分類でグリーン商品と位置づけられている製品・サービスが売上全体に占める割合

関連ページ
サステナビリティの取り組み
https://www.yokogawa.co.jp/about/yokogawa/sustainability/policy/
社外からの評価
https://www.yokogawa.co.jp/about/yokogawa/sustainability/policy/award/

文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190122005125/ja/

連絡先
●本プレスリリースに関するお問い合わせ先:
横河電機株式会社
コミュニケーション統括センター広報室(ルイス)
〒180‐8750 東京都武蔵野市中町2‐9‐32
TEL:0422-52-5530
FAX:0422-55-6492
www.yokogawa.co.jp/

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告