三菱重工環境・化学エンジニアリング、処理能力600トン/日の一般廃棄物焼却施設を長寿命化

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

TOKYO, Jan 22, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱重工グループの三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社(MHIEC、社長:神野 定治、本社:横浜市西区)は、兵庫県神戸市から、一般廃棄物焼却施設「西クリーンセンター」(西区伊川谷町)の基幹的設備改良工事を受注しました。処理能力600トン/日のストーカ式焼却炉(注1)設備を改修し、今後2034年度までの長寿命化および省エネルギー化をはかります。完成は2022年3月(4ヵ年継続事業)を予定しています。

同施設は、三菱重工業の設計施工により1995年1月に完成したものです。処理能力200トン/日のストーカ炉3基および関連設備で構成され、6,500kWの発電能力を備えています。

今回受注した基幹的設備改良工事では、経年的に劣化した施設の燃焼設備、燃焼ガス冷却設備、排ガス処理設備、通風設備、電気設備、計装設備などを対象に主要機器の更新等を行うとともに処理能力回復をはかります。また、MHIECが特許を持つ安定燃焼に寄与する「新燃焼制御システム」の採用や各種電動機に高効率モーターやインバータを採用することによる省エネ化、さらには脱硝設備の低温触媒採用による熱回収率の増加をはかることによりCO2排出量を年間7%削減することで地球温暖化抑制にも貢献します。

一般廃棄物焼却施設を長寿命化するとともに温暖化対策も施す改良工事は増加傾向にあります。加えて、国が2010年度に関連する交付金支援制度(注2)を創設したことで、さらに活発化しています。

MHIECは、三菱重工が長年培ってきた環境装置分野の技術開発力と国内外を含めた豊富な廃棄物処理施設の建設・運営ノウハウを2008年に継承。多数の実績に基づく、建設から運営まで含めた総合的ソリューション提案力を強みとしています。

MHIECは、今回の受注とこれまでの実績をベースに、既存廃棄物処理施設の省エネ化や安定稼働の維持・向上、さらに維持管理費などを含めたL.C.C.(ライフサイクルコスト)低減に向けた提案を積極的に推進し、受注拡大をはかっていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/190122.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース