「自動運転シンポジウム」の開催について

プレスリリース発表元企業:東京都政策企画局

東京都では、自動運転の社会実装に向けた取組を実施しており、この度、自動運転に関するシンポジウムを開催することとしましたので、お知らせします。
本シンポジウムでは、「自動運転が実現すると私たちの暮らしはどう変わるのか」をテーマに、各分野の専門家等による自動運転技術・サービスの解説や先進事例紹介などを通して、自動運転がもたらす未来について考えます。本シンポジウムにご関心のある方は、是非ご参加ください。

1.イベント名称
東京都主催「自動運転シンポジウム」

2.イベントテーマ
「自動運転が実現すると私たちの暮らしはどう変わるのか ~自動運転がもたらす未来~」

3.開催日時
平成31年2月15日(金曜日)10時00分~12時00分(開場9時30分~)

4.会場
都民ホール(都議会議事堂1階)
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号

5.開催概要
詳細は別紙1「自動運転シンポジウムチラシ」をご参照ください。

6.プログラム
【第一部:講演】
(1)「自動運転の2019年最前線」
清水和夫氏(国際自動車ジャーナリスト)
(2)「自動運転に関する東京都の取組について」
田尻貴裕(東京都政策企画局戦略事業担当部長)
(3)「自動運転タクシーがドライバーを守る」
富田和孝氏(日の丸交通株式会社 代表取締役社長)
(4)「UPDATE MOBILITY に向けたSBドライブの挑戦」
佐治友基氏(SBドライブ株式会社 代表取締役社長兼CEO)
(5)「東京臨海部自動運転実証について」
沼田泰氏(一般社団法人日本自動車工業会・2020検討会主査)

【第二部:パネルディスカッション】
「自動運転がもたらす東京の未来」
モデレーター:田尻貴裕(東京都政策企画局戦略事業担当部長)
パネリスト :二條実穂氏(リオデジャネイロパラリンピック車イステニス日本代表)、
ほか上記講演者4名
※プログラムは当日変更になる場合があります。

7.参加申込方法
平成31年2月8日(金曜日)までに、下記申込フォーム、FAX、またはお電話によりお申し込みください。
※申込フォームのURL: https://jidou-unten.net/
※FAX及びお電話でのお申込は下記「自動運転シンポジウム事務局」へお問い合わせください。
※受付は先着250名までとさせていただきます。
※定員に達した時点で受付終了とさせていただきますので、お早めにお申し込みください。


<「2020年に向けた実行プラン」事業>
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマートシティ 政策の柱5交通・物流ネットワークの形成」

本件は、「ホストシティ Tokyo プロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:先端技術 プロジェクト名:テクノロジー・ショーケース」


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース