フリーライドスキー・スノーボードの世界ツアー予選シリーズ「Freeride World Qualifier」舞子リゾートで初開催

プレスリリース発表元企業:FWTジャパン株式会社

ジュニア部門「Freeride Junior Tour」 も同時開催



[画像1: https://prtimes.jp/i/40647/4/resize/d40647-4-920129-0.jpg ]


1/19(土)に白馬村で行われ、手つかずの自然地形を舞台に"フリーライド"の世界一を決めるツアー「Freeride World Tour(FWT)」の予選シリーズ予選シリーズである「Freeride World Qualifier(FWQ)」と、10-18歳の「Freeride Junior Tour(FJT)」が舞子リゾート(新潟県南魚沼市)にやってきます。

フリーライドスキーとスノーボードの競技は、スタートとゴールだけが決まっており、ライダーは地形と雪質を読み、頭に描いたラインにDrop Inします。ラインの難易度、コントロール、流動性、ジャンプ、技術の5つの採点基準をもとにジャッジされます。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=nazfx9hfkYQ ]



舞子スノーリゾートは、都心から近く初心者から楽しめる人気のスキー場ながら、様々な地形の非圧雪エリアがあり、フリーライドにも最適です。


◆大会詳細◆
開催日:2019年1月26日 9:30 競技開始予定(27日予備日)
開催場所:舞子スノーリゾート
詳細情報・エントリー受付:
https://freerideworldtour.jp/japan-series/freeride-maiko-1-2019-freeride-maiko-juniors-1-2019/

観戦用のお得な割引前売りリフト券がe+で購入可能です。
https://eplus.jp/freerideworldtour/

また、今回の大会に向けて「地域創生×ドローン」をテーマにドローン空撮を軸にした事業を展開する株式会社Dron é motion(ドローンエモーション)と舞子スノーリゾートで、自社が運営する地域のドローン絶景地とドローン愛好家をマッチングするプラットフォーム『そらチケ(https://soratic.com/)』を活用し、ドローン空撮希望者を限定先着10名で募集しました。
ドローンで撮影された映像はリアルタイムで会場内のモニターで共有されます。

大会実施予定斜面
[画像2: https://prtimes.jp/i/40647/4/resize/d40647-4-836945-1.jpg ]


PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース