2019-01-19 15:00:00

矢本悠馬VS.今野浩喜の元卓球部同志の卓球対決はいかに!?「名古屋行き最終列車2019」第2話も熱き話題満載で発車準備完了っす!

プレスリリース発表元企業:メ~テレ

メ~テレ(名古屋テレビ)では、名古屋鉄道を舞台にした地域密着ドラマ「名古屋行き最終列車2019」を
毎週月曜深夜に連続ドラマとして放送しています。
名古屋の冬の風物詩としてすっかり定着した「名古屋行き最終列車」も、今作で第7弾。
これまでも出演していた松井玲奈さんや六角精児さんら豪華俳優陣に今シリーズは新たに
寺島進さん、柚希礼音さんらが出演し、大きな話題となっています。



[画像: https://prtimes.jp/i/14977/475/resize/d14977-475-109792-0.jpg ]



第2話は朝ドラ「半分、青い」のブッチャー役や「今日から俺は!!」の紅高の谷川役などドラマや映画に引っ張りだこの矢本悠馬さんの主演の回。ツイッターなどでは来週の名古屋行き最終列車は「ブッチャー名鉄に乗るの巻」だなと語られています。
矢本さんは昨年の2018年版で孤独な悩み多き卓球部員木下雄介を演じ好評を得ました。その際雄介は「卒業したらえびせんべい工場に就職する」と言っていましたが、無事そのまま就職し、今回そのつづきの一年後が語られます。

雄介が働くえびせんべい工場は高級なえびせんべい「ゆかり」で有名な坂角総本舗さん。焼き上がりのえびせんべいが次々と出来上がる中での撮影、矢本さんも出来上がったばかりのえびせんべいを食べ「香ばしい匂いが最高!」と工場ロケを楽しんでいました。

さらに、
注目ポイントは、矢本さんと友達となる今野浩喜さんとの卓球シーン。矢本さんが元卓球部で中学時代
かなりの成績を残したことを知った元卓球部の今野さんはマイラケット持参で名古屋に乗り込みました。
これはCG無しのリアルな卓球シーンが撮れると撮影チームは楽しみにして撮影を開始しました。
が、まじめにサーブを打つとそれぞれが返せない一進一退の攻防・・・。
・・・結局カット割りで撮影。そしてこうなるはずだったというのをCGで制作しました。
お楽しみに。

<番組概要>
■タイトル:メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2019」
■脚本:菊原 共基
■放送日時:2019年1月~3月
    毎週月曜深夜0:25~0:55
■放送回数:全10話
■放送エリア:・ 東海3県(愛知・岐阜・三重)
・ ひかりTVにて4K配信       ※詳しくは番組ホームページへ
■番組公式ホームページ:https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2019/
■番組公式ツイッター:https://twitter.com/nagoyatv_drama

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース