富士通、「液浸冷却システム」が平成30年度省エネ大賞 資源エネルギー庁長官賞を受賞

プレスリリース発表元企業:Fujitsu Ltd

TOKYO, Jan 18, 2019 - ( JCN Newswire ) - 当社は、革新的な省エネルギー化を実現する「FUJITSU Server PRIMERGY 液浸冷却システム(以下、液浸冷却システム)」において、平成30年度省エネ大賞 製品・ビジネスモデル部門 資源エネルギー庁長官賞(節電分野)(主催:一般財団法人 省エネルギーセンター、後援:経済産業省)を初めて受賞しました。これは、本製品がICT機器としてだけではなく、データセンター全体の省電力化を実現する先進的な省エネルギーシステムであると評価されたものです。

当社は今後も、省エネを実現する革新的な製品・サービスを提供することにより、お客様のデジタル革新と省エネルギー化、および気候変動の緩和に貢献していきます。

省エネ大賞について
省エネ大賞は、優れた省エネ活動事例や先進的で高効率な省エネ型製品などを表彰することにより、わが国全体の省エネ意識の拡大、省エネ製品の普及などによる省エネ型社会の構築に寄与することを目的とした表彰制度です。

受賞の背景
近年、IoTや人工知能(AI)などの普及に伴い、データセンターが扱うデータ量や処理量は飛躍的に増大しつつあり、これに伴う消費電力の増加が懸念されています。

当社は、スーパーコンピュータ開発などを通じて長年培ってきた液体冷却技術をベースに、ICT機器とデータセンター設備を一体のものとして捉えた総合的な省エネソリューションを目指して新たな冷却システムの実用化に取り組み、「液浸冷却システム」を開発しました。今回の受賞は、本製品がデータセンターの運用に求められる高い可用性を実現しながら、省エネに貢献することが評価されたものです。

「液浸冷却システム」について
本製品は、サーバを冷却液に浸漬することで、サーバ全体を偏りなく効率よく冷却するよう設計された冷却システムです。サーバが発する熱が室内に排出されないため、冷却のための空調を必要としないほか、サーバに内蔵する冷却ファンも不要とすることで、高い電力効率を実現します。これらにより、空冷システムに比べて冷却設備を含めたサーバシステム全体の消費電力を約40%削減(注1)し、CO2排出量の削減に貢献します。さらに設置スペースあたりのサーバ集積密度を約2倍(注2)にすることができ、TCO(注3)削減にも貢献します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/01/18.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース