2019-01-15 11:00:00

アクトプロ社 わずか2年半で 自動外貨両替機 世界シェアNO.1

プレスリリース発表元企業:ActPro Co., Ltd
アクトプロ社 わずか2年半で 自動外貨両替機 世界シェアNO.1

アクトプロ社 わずか2年半で 自動外貨両替機 世界シェアNO.1

(東京)- (ビジネスワイヤ) -- 株式会社アクトプロ(代表取締役:新谷 学 所在地:東京都千代田区)は、12種類の通貨に対応する自動外貨両替機「SMART EXCHANGE」を、2年半で約400箇所に設置した。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20190114005050/ja/

SMART EXCHANGE (写真:ビジネスワイヤ) SMART EXCHANGE (写真:ビジネスワイヤ)

日本製の自動外貨両替機は、簡単なタッチパネル操作で両替が出来る世界最高峰の技術、もう人手はいらない。

空港、駅、ホテル、ショッピングモール、神社仏閣などあらゆるターミナル、観光地、その導線など、わずか2年半で約400箇所に設置し、驚異的な速さで世界シェアNO.1となった。(自社調べ)

日本国内では、かつての外貨両替所不足の不便な国から、どこでも両替できる便利な国に変貌訪日外国人を迎えるサービス体制が一気に整い出している。これらにより2017年の訪日外国人数は、2,869万人となり2011年からの6年間で461%という驚異的な伸びとなり、2018年は過去最高の3,000万人を突破した。

世界の海外旅行者数は13億人突破で過去最高、2030年までに年間18億人に拡大、新興国のシェアは57%になるとUNWTOは予測している。

アクトプロ社は世界中の旅行者の不便を解消すべく、2018年秋より自動外貨両替機の世界展開を行なっている。

現在、東南アジア、欧州、アメリカ、ロシアなどの各国における事業パートナーを募集している。

  ■自動外貨両替機「SMART EXCHANGE」

○機能概要(日本国内仕様) ・操 作:タッチパネル式     ・音声ガイダンス:日本語・英語 ・対応言語: 日本語・英語・中国語・韓国語・ドイツ語他10カ国 ・対応通貨: USドル、ユーロ、UKポンド、オーストラリアドル 中国人民元、香港ドル、韓国ウォン、 新台湾ドル シンガポールドル、タイバーツ、インドネシアルピア マレーシアリンギット(12種類) ・全額両替: 紙幣と通貨で端数金額対応 ・取扱金額: 1回当たり日本円換算10万円まで

・両替手数料:通貨の種類、為替レートにより変動 ・遠隔監視システムで両替更新、売上管理 ・コールセンター:10カ国語対応(6カ国:24時間、4カ国:10~18時)

  *海外の場合、120ヶ国の通貨から任意に12種類を選定しその国に応じた仕様に出来る。

    ■会社概要

・社名:株式会社アクトプロ ・代表者:新谷 学 ・所在地: 〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-6-7ウンピン神田ビル2F  TEL:03-5289-4400  FAX:03-5289-4401

・HP: https://www.actpro.co.jp/

・FB: https://www.facebook.com/actprosmartexchange/

・IG: https://instagram.com/smart_exchange/

・GPS検索: https://smartexchange.jp/en/

・E-Mail: main@actpro.co.jp

・事業内容:外貨両替機運営、出退店サポートサービス他  



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190114005050/ja/

連絡先
■本件に対するお問合せ
・株式会社アクトプロ 経営企画部 広報室
TEL: 03-5289-4400
FAX: 03-5289-4401
・担当者:古賀
(Mobile:090-1161-1892 Email:koga_ka@actpro.co.jp)

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース