2019-01-11 09:00:00

UFOみたいな不思議なメロディー打楽器「グーダドラム」の世界初!?オーケストラ『響合楽団』発足

プレスリリース発表元企業:Office Starseeds
グーダドラム第一人者のダニーロ・強

不思議な音の響き合い:10人によるグーダドラムの演奏

グーダドラムを楽しみながら響き合う「響合楽団」ロゴ

リズミックブリージングCDや次世代のメロディ打楽器「GUDAdrum(R) グーダドラム」などを取り扱うOffice Starseeds(所在地:兵庫県、代表:ダニーロ・強)は、2019年より新しい音楽文化の構築を目指して「グーダドラム」によるオーケストラ『響合楽団』を関西で発足します。また同年中には関東進出も視野に活動していく予定です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/174113/LL_img_174113_1.jpg
グーダドラム第一人者のダニーロ・強

GUDAdrum(R) グーダドラム 公式ホームページ
https://www.gudadrumjapan.com/


■GUDAdrum(R) グーダドラムとは
2013年にあるウクライナ人によって開発された「グーダドラム」。
この楽器が日本に本格上陸してまもなく2年となり、年齢・職業・肩書を超えた様々な方々に愛されています。老若男女問わず幅広く愛される理由は、「技術や知識がなくても音を外す事なくその美しい音を鳴らせて、直感的に自由にメロディを奏でられる」と言う点にあります。グーダドラムは小さなUFOの様な形をしており、8つの音で構成されています。スリットドラムの一種で、ステンレス製、音階(8つの音の組み合わせ)は多種多様、それぞれ違った音色の世界観を持っています。切り込みが入ったスリット部分を指ではじくと、美しい音色が響き渡り、音階が定まっているため、誰が奏でても調和のとれた音が鳴ります。


■グーダドラム オーケストラ 響合楽団とは
「グーダドラム」の第一人者、ダニーロ・強を中心に活動する世界初?!とも言えるグーダドラムのオーケストラです。
関西を中心にグーダドラムを用いて従来の音楽のカタチに囚われることなく、本来音楽のあるべき形であろう“音を感覚的に楽しむ”ことを大切にしながら繋がりを深めていく楽団です。
練習曲、演目は主にダニーロ強の作曲した曲をパート分けし、初心者から上級者まで共に演奏して共存出来る楽団を目指しております。
練習会、リトリート企画、室内&野外での各種演奏会など…。
グーダドラムを通じて音楽を楽しみながら、繋がりを深める活動を展開予定です。
2018年12月15日には大阪でプレイベントを開催。総勢16名によるグーダドラムの不思議な音の響き合いが生まれました。

<シンプルで深みのあるグーダドラムで響き合う>
“感覚的に、直感的に音を鳴らしたい!”という欲求は誰しもが持っているのではないでしょうか?しかし実際に音楽を始めようとすると、知識、テクニック、譜読みなどで大きな壁にぶつかる人も少なくありません。
近年生まれたシンプルな次世代楽器「グーダドラム」は、音楽経験者もそうでない方も垣根なく楽しんでいただけます。

『響合楽団』では、どなたでも気軽に音楽を楽しむことが出来、なおかつ音楽を奏でながら、その響き合いの中で生まれる一体感や癒しなどの体験が出来る場を提供したいと考えています。

響合楽団活動詳細はこちら
https://www.gudadrumjapan.com/gudadrum-orchestra


■ダニーロ・強 アーティストプロフィール
ブラジル、日本、スペイン、イタリア、ポルトガルの血を受継いでブラジルで誕生。11歳から日本で暮らす。大阪美術専門学校イラストレーション科に進学と共に、和太鼓奏者・藤慶哉氏に師事し、ハリウッドスター、ショーコスギ氏プロデュースの舞台[THE NINJAS FROM HOLLYWOOD JAPAN TOUR 2001]に出演し、全国ツアーに参加。
以降、バンド活動や民族打楽器ユニットの活動を経て、舞台プロデュース、ロゴデザイン、CDジャケットデザイン、絵画、壁画ペイント、陶器のアクセサリー創作などのクリエイティブな活動を行う。
クリエイティブな活動だけではなく、セラピー、ヨガ、呼吸法、マヤンオラクル、数秘学などのスピリチュアルな分野も追求。その経験から、2014年に太鼓のリズムに合せて行う、独自の呼吸法「リズミックブリージング(R)」創始。以来、呼吸するためのCDを3枚リリース。全国で呼吸法の講座を開催。

2016年にグーダドラムの公式輸入販売を開始。販売活動の他にも演奏会、CDリリース、動画配信、演奏指導、直感的な譜面の開発、自身のオリジナル彫刻モデルの創作や販売など、グーダドラムの総合的なプロデュースを行う。
2017年グーダドラムを用いて創作した楽曲に、あらゆる楽器のアンサンブルを加えた新ジャンルの音源「GudaIRIS」をリリース。
https://www.youtube.com/watch?v=7BBbtKmNxwk
YAMAHA新作バイクのプロモーション映像「響き合う未来へ」に出演する。
https://www.youtube.com/watch?v=GH20Yt32ANE
2018年2月、聖地や大自然の中でグーダドラムを即興で奏でた曲が収録された「響合 ~hibikiai~」をリリース。同年11月「響合 ~hibikiai~」シリーズのCD第二段「響合」Second STORYをリリース。
健康系雑誌「ゆほびか」5月号、12月号には特集記事(付録CD付き)が掲載。
2019年から、今までにない“新しい音楽の文化の創造”という視点と共に「グーダドラム オーケストラ 響合楽団」を発足。

ダニーロ・強 公式ホームページ
https://www.danilotsuyoshi.com/

リズミックブリージング(R) 公式ホームページ
http://www.rhythmicbreathing.co/


■斬新なモデルの「グーダドラム コイン」新入荷
“1つのグーダドラムに1音階”というのが従来のグーダドラムのカタチでしたが、2019年1月より新たに販売が始まるグーダドラム コインというタイプは“1つのグーダドラムに2音階”楽しめる仕組みとなっております。
表面はステンレス製、倍音が響くダブルスリットで、従来の音階と同じ音の並び方です。
裏面はアルミニウム製、高音が綺麗に響くシングルスリットで、従来の音階よりも高い音域で創られています。
表面と裏面は共鳴し合う音階の組み合わせとなっておりますので片方を演奏している時も、逆サイドのスリットが共鳴して音を増幅させてくれます。

グーダドラム コイン 詳細
https://www.gudadrumjapan.com/product-page/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%A0-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3

グーダドラム コインで奏でるダニーロ・強の新曲「Dreamy EYES」
https://youtu.be/ib9MzFWtnMY


■グーダドラムを用いた最新CD「響合 Second STORY」(発売:2018/11/11)
CDはこちら
https://www.gudadrumjapan.com/cd
ダウンロードはこちら
https://www.tunecore.co.jp/artist/danilotsuyoshi


※「GUDAdrum(R)」はOffice Starseedsの登録商標です(登録第6018643号)
※「リズミックブリージング(R)」はOffice Starseedsの登録商標です(登録第5725523号)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース