10 Gbps USB 3.2シングルチップ・リタイマーの第2世代ANX74xxファミリーが機能と性能を強化し、USB-Cとディスプレイポート・オーバーUSB-Cにおけるアナロジックスのリードを拡大

プレスリリース発表元企業:Analogix Semiconductor, Inc.
10 Gbps USB 3.2シングルチップ・リタイマーの第2世代ANX74xxファミリーが機能と性能を強化し、USB-Cとディスプレイポート・オーバーUSB-Cにおけるアナロジックスのリードを拡大

ANX74xxはUSB Gen 1(5G)とUSB Gen 2(10G)向けUSBリピーター仕様に準拠し、市場で実績あるアーキテクチャー上に構築

(米カリフォルニア州サンタクララ)- (ビジネスワイヤ) -- アナロジックス・セミコンダクターは本日、当社の第2世代10Gbps USB-C™リタイマーのANX74xxファミリーを発表しました。このリタイマーは、次世代の高性能・低消費電力ノートパソコンや2-in-1コンバーチブル・ラップトップ、デスクトップPC、モバイル機器、サーバーでディスプレイポート(DisplayPort™)とUSB 3.2 Gen2信号をスイッチして、単一のUSB-Cポートに対応できます。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20190110005373/ja/

Desktop/Notebook PC Full-Function Use Case (Graphic: Business Wire) Desktop/Notebook PC Full-Function Use Case (Graphic: Business Wire)

第2世代ANX74xxファミリーは、下記の通りです。

ANX7451:10G USB-Cリタイマー、USB/ディスプレイポート・マルチプレクサ機能と内蔵クロックを装備 ANX7443:10Gリタイマー、USB/ディスプレイポート・マルチプレクサ機能と内蔵クロックを装備 ANX7431:10Gリタイマー、USBマルチプレクサ機能と内蔵クロックを装備 ANX7497:8.1Gディスプレイポート・リタイマー、内蔵クロックを装備 ANX7491:10G USB 3.2リタイマー、内蔵クロックを装備 第2世代ANX74xxファミリーは、これまでにインテル、AMD、NvidiaのCPU/GPUプラットフォームで採用されるなど、業界で実績があるアーキテクチャーを基にしており、消費電力をさらに抑え、クロックソースを内蔵し、ディスプレイポート1.4aとUSB 3.2のロバスト性を改善して、以下のような機能を提供しています。

USB 3.2 Gen 2(10Gbps)で最大23dB、ディスプレイポートで最大の27dBのチャンネル損失を回復する損失補償を提供します。 AUXスヌーパーによるトランスペアレントモードと非トランスペアレントモードで、Link Training Tunable PHY Repeater(LTTPR)によりディスプレイポート・リタイマー機能に完全対応し、ディスプレイポートHBR3 8.1Gbpsで最大27dBのチャンネル損失を回復する損失補償を保証します。 最新のUSB 3.2仕様に完全準拠し、付録Eで定義されているリタイマーの要件をとりわけ重視しているため、4つのリタイマーをシームレスにカスケード接続して、4件のリタイマー接続に対応でき、USB 3.2 CTSの要件を満たしています。 アナロジックスのマーケティング担当バイスプレジデントを務めるマイケル・チンは、次のように述べています。「この第2世代リタイマーファミリーは、すでにインテル製コメットレイク・プラットフォームで採用され、市場で実績を上げているANX74xxリタイマー製品アーキテクチャーの性能を改善しています。PC業界の厳しい要件を満たすANX7451は、次世代のインテル製ノートパソコンやデスクトップPC、ARM版ウィンドウズ搭載のデタッチャブル・コンバーチブルPC、Nvidia G-Syncモニター、USB-Cアクセサリー向けの優れたリタイマーソリューションです。」

今週開催されている2019年CESで、製品デモを行っています。LVCCサウスホール2のアナロジックス・ミーティング・プレース(MP25763)までお越しください。

アナロジックス・セミコンダクターについて

アナロジックス・セミコンダクターは、スマートフォンやノートPC、VRヘッドマウントディスプレイなどの携帯機器から大型・高解像度のテレビやハイエンドのグラフィックカードに至るまで、デジタルマルチメディア市場で利用される半導体の設計と製造を行っています。アナロジックスは、高速シグナルコンディショナーなど、当社スリムポート(SlimPort)ブランドによるディスプレイポート (DisplayPort)向けエンドツーエンドのインターフェース接続半導体ソリューションを提供する市場リーダー企業であり、低電力の高速タイミングコントローラーソリューションなど、モバイルディスプレーコントローラーの業界リーダー企業でもあります。ディスプレイポート規格は高解像度の映像と音声を革新的にパケット化したデジタルインターフェースであり、ビデオ・エレクトロニクス・スタンダーズ・アソシエーション(VESA)によって開発されました。スリムポート・ブランドの製品は、ディスプレイポートおよびモビリティー・ディスプレイポート(MyDP)、USB Type-Cコネクター向けディスプレイポート代替モードの規格に準拠しています。

詳細情報については、www.analogix.comwww.slimport.comをご覧いただくか、ツイッター(@Analogix@SlimPortConnect)またはリンクトインで当社をフォローしてください。

AnalogixとSlimPortは、アナロジックス・セミコンダクターの商標または登録商標です。その他すべての商標と商号は、それぞれの所有者の財産です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190110005373/ja/

連絡先
Gratia Stefan
Tel: 408-988-8848
marcom@analogix.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース