2019-01-10 13:44:00

ウィーワーク、ソフトバンクによる60億ドルの投資が完了

プレスリリース発表元企業:WeWork

ザ・ウィー・カンパニーの設立を発表

(ニューヨーク)- (ビジネスワイヤ) -- ウィーワークは本日、ソフトバンクから60億ドルの出資を受けたことを発表しました。このうち50億ドルは一次成長資本、残りの10億ドルは二次資本の形をとり、二次資本は投資家や従業員からの株式購入に充てられます。今回の出資後のウィーワークの企業価値は470億ドルとなります。

今回の出資は、すでに発表されていたソフトバンクによる10億ドルの転換社債と30億ドルのワラントの購入による合計40億ドルの出資を含みます。この結果、ウィーワークと同社子会社は2017年以降、ソフトバンクから総額100億ドル以上の出資を受けていることになります。

ソフトバンク・グループ会長兼最高経営責任者(CEO)の孫正義氏は、次のように述べています。「ウィーワークは、スペースを必要とする人々に完璧なソリューションを提供するテクノロジー・プラットフォームにより数兆ドル規模の業界に破壊をもたらしています。すでにウィーワークは他に例のない成長を遂げており、ニューマンのビジョンと今回の成長資本の投下を通じて今後も巨大な市場機会を積極的に追求していくことができると確信しています。」

さらに本日、ウィーワークはザ・ウィー・カンパニーを設立したことを発表しました。ザ・ウィー・カンパニーは、ウィーワーク、ウィーリブ、ウィーグロウを別個の3つの事業として確立し、ウィーワークの以下の既存の事業分野を一段と拡大させていきます:ウィーワークの使命は、人々が単に生活するだけでなく人生を形作るために仕事をする世界を創ることです。ウィーリブの使命は、誰も孤独を感じることのない世界を作り上げることです。ウィーグロウの使命は、すべての人々が持つ大きな力を解き放つことです。

ザ・ウィー・カンパニーの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のアダム・ニューマンは、次のように述べています。「ウィーワークの広大なネットワークとミートアップのコミュニティーを通じて、ザ・ウィー・カンパニーは現在、世界のおよそ500万人とつながりを持っており、資金調達額はさらに数百万ドル増加する見込みです。私たちは、共通の意図を持って共に働くことにより与えることのできるインパクトにより突き動かされています。私は、当社の従業員、メンバー、さらにソフトバンクという素晴らしいパートナーによる私たちの使命への献身に深く感謝します。」

ウィーワークは、2019年初頭時点で世界27カ国100都市の425カ所の拠点に40万人を超えるメンバーを有しています。全メンバーの30%強を企業メンバー(従業員数1000人以上のメンバー)が占めています。この企業メンバーの46パーセントが、ウィーワークは新市場に進出する自由と柔軟性とをもたらすと評価しています。2018年9月時点で、フォーチュン・グローバル500企業のうち30%がウィーワークのメンバーとなっています。

ザ・ウィー・カンパニーの詳細については、we.coをご覧ください。

ザ・ウィー・カンパニーについて

ザ・ウィー・カンパニーは、世界の意識を高めることを最大の使命としています。人々が目的を持って前向きに暮らし、人生のための人生の探究者となり、さらに人は常に成長し、絶えず自己発見、自己成長そして変化していくものであることを認めることができるようにすることを目指しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190109005937/ja/

連絡先
Media Contacts
The We Company: press@wework.com
SoftBank: Ben Spicehandler – bspicehandler@sardverb.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告