新企業スローガン「あなたが健康だと、だれかがうれしい。」をリリース

プレスリリース発表元企業:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(取締役社長:大場 康弘、以下「当社」)は、新企業スローガン「あなたが健康だと、だれかがうれしい。」を策定しました。当社は生命保険のその先、お客さまに一生涯寄り添う「健康応援企業」への変革を目指しており、保険本来の機能(Insurance)に、健康を応援する機能(Healthcare)を合わせた、新たな価値「インシュアヘルス」(Insurhealth(R))を組み込んだ商品・サービスを提供しています。新スローガンは、「大切なだれかのために、日々健康でいようと心がける」人々を応援する力になりたいという当社の想いを表現しました。また、2019年1月7日に全社員に向けてスローガン発表会を行い、社員一人ひとりが新スローガンの意味を実感し、「健康応援企業」として更なる進化を遂げることを決意しました。



◆新企業スローガン
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/22427/table/80_1.jpg ]


 今後は、新スローガンのもと、社員とその家族の健康を基盤に、全社員で「健康応援企業」への変革を追求し、お客さまの健康をサポートしつづけるための事業活動を展開することで、さらなる企業価値の向上を目指します。

                                                以上

<参考1>松重豊さんからのコメント
当社のCMにご出演いただいている松重豊さんからコメントをいただきました。
【新スローガンについての感想】
「商品・サービスだけでなく、企業スローガンを改め企業姿勢から変え会社全体で健康応援企業になるというひまわり生命さんの本気をあらためて感じました。ささやかながら応援しています!」
【普段ご自身がされている健康維持のポイント】
「基本的なことではありますが、朝昼晩のご飯をしっかり食べ、睡眠時間をしっかりとり、休みの日には運動するようにしています。」

<参考2>社内プロジェクトの展開
新スローガンを社内に浸透させるための社内プロジェクトを実施しました。その一環として、自身の健康は自分のためだけではなく「だれか」のためにも存在することを実感してもらうため、「自分のことを大切に想ってくれているだれか」に写真を撮ってもらいポスターに表現する、写真プロジェクトを行いました。当社社長をはじめ数多くの社員が参加し、松重さんにも「自分のことを大切に想うだれか」=奥様に写真を撮っていただきました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22427/80/resize/d22427-80-643755-0.png ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/22427/80/resize/d22427-80-598959-1.png ]




<参考3>Insurhealth(R)(インシュアヘルス)の商品・サービスと当社の健康経営の取組み

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/22427/table/80_2.jpg ]


※1 2018年9月当社調べ
※2 MCI(Mild Cognitive Impairmentの略):本人および第三者(家族)から認知機能低下に関する訴えがあり、認知機能は正常ではないが認知症の診断基準を満たさない状態。基本的な日常生活は保たれているが、複雑な日常生活機能の障害は軽度にとどまる。(出典: 医学書院 「認知症疾患診療ガイドライン2016」)


[表3: https://prtimes.jp/data/corp/22427/table/80_3.jpg ]


PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク