清潔さ、使いやすさ、コミュニケーション今や価格だけじゃない100円ショップが生む生活価値

プレスリリース発表元企業:株式会社ドゥ・ハウス
【図1】100円ショップでの購入頻度(単一回答・n=100)

【図2】100円ショップでよく購入する商品カテゴリー(複数回答・n=100)※上位8位を抜粋

【図3】100円ショップがよい・充分と思う商品カテゴリー(複数回答・n=100)※上位8位を抜粋

株式会社ドゥ・ハウスは、30代~60代の主婦100名を対象に、「100円ショップ」に関する定性(文章)回答を中心としたアンケート『DOれぽ!プラス』(※後述)を実施しました。回答者の内訳は、自社がネットワークする首都圏在住の既婚女性30代~60代の主婦マーケター「DOさん」(※※後述)30名および、インターネットモニター会員「きかせて.net」会員70名。調査期間は2018年11月23日(金)~11月27日(火)。

■本調査結果の詳細・オプションレポートは下記からダウンロードいただくことが可
能です。
https://www.dohouse.co.jp/datacolle/rs20190108/

調査サマリ
●約8割が月に1回、約半数が2週間に1回は100円ショップの商品を購入している。
よく購入する商品カテゴリーは1位「文具」、2位「キッチン消耗品」、3位「洗濯用品」
●100円ショップがよい・充分という理由は「常に新しい状態で使える」「100円ショップの商品の方が便利」「邪魔にならない」
●今日の「100円ショップ」は、100円ならではの品質・機能から新たな生活価値を生み出している

約8割が月に1回、約半数が2週間に1回は100円ショップの商品を購入している。よく購入する商品カテゴリーは1位「文具」、2位「キッチン消耗品」、3位「洗濯用品」
「100円ショップ」での購入頻度を聞いたところ、全体では「2週間に1回位」が35.0%と最も高くなりました。「1週間に1回以上」(12.0%)と合わせると、半数近くが2週間に1度以上のペースで購入しています。さらに「1ヶ月に1回位」(31.0%)まで合わせると、約8割が月1回の購入頻度となっています(図1)。
100円ショップでよく購入する商品カテゴリーについては、全体では「文具」(68.0%)が最も高く、次いで「キッチン消耗品」(60.0%)、「洗濯用品」(53.0%)となっています。なお、これら上位の傾向は年代層別にみても大きな差異はありませんでした(図2)。
【図1】100円ショップでの購入頻度(単一回答・n=100)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/174268/img_174268_1.png
【図2】100円ショップでよく購入する商品カテゴリー(複数回答・n=100)
※上位8位を抜粋
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/174268/img_174268_2.png

100円ショップがよい・充分という理由は「常に新しい状態で使える」「100円ショップの方が便利」「邪魔にならない」
100円ショップで良い・充分と思う商品カテゴリーは全体で、「洗濯用品(25.0%)」が最も高く、次いで「文具(24.0%)」、「キッチン消耗品(22.0%)」という結果となりました(図3)。なお、これら上位は前述の「よく購入する商品カテゴリー」と同様の顔ぶれとなっています。

【図3】100円ショップがよい・充分と思う商品カテゴリー(複数回答・n=100)
※上位8位を抜粋
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/174268/img_174268_3.png

また、100円ショップでよい・充分という「気持ち」にフォーカスした定性(文章)データの一部をご紹介します。
100円ショップの商品のほうが充実している
・サイズや柄も豊富でかわいい[キッチン消耗品ーランチクロス]
お弁当用グッズは100円ショップの方が充実していて、サイズや柄も豊富でかわい
ものが多いです。お弁当箱を包むランチクロスも乾きが早くて丈夫だし、しわにな
りにくいので助かります。(54歳・2週間に1回位 )

100円ショップの商品のほうが便利
・薄くて軽くて身体への負担が少ない[キッチン収納ケースーケース]
お茶、コーヒーを入れているプラケースは透けるほどに薄くて軽く、キッチンの
吊り戸棚からの出し入れでも肩への負担が少ないです。(48歳・2週間に1回位)
・短いので使いやすく邪魔にならない[工具類ードライバー]
ミニドライバーは、普通のドライバーよりも短いので、小回りが利き、力があまり
ない女性でも使いやすいです。サイズが小さいのでキッチンの引き出しに入れても
邪魔になりません(60歳・1ヶ月に1回位)

気軽に装飾デザインを楽しめる
・季節に合ったものが豊富にある[キッチン消耗品ー紙型]
焼き菓子の紙型やラッピング用の袋も好んで使っています。ハロウィン柄やクリス
マス柄、バレンタインなど、季節に合ったものが豊富にある点がいいですし、安価
でかわいいものがたくさん買えます。(53歳・1ヶ月に1回位)

気軽に使い捨て出来るから常に新しい状態で使える
・頻繁に取り換えて清潔に保てる[調理器具ー菜箸]
菜箸はすぐに汚れてしまうため、頻繁に取り換えて清潔に保ちたいため100円ショ
ップで充分です。躊躇なく取り換えられるので100円ショップの方が良いと思いま
す。(43歳・2週間に1回程度)

100円ならではの品質・機能から新たな生活価値を生み出している今日の「100円ショップ」
前述のように、100円ショップなので惜しみなく、気軽に使い捨てられ、マメに買い換えられることから、『常に新しい状態で使える』という価値が感じられています。そうした魅力に加えて、種類やデザインなど品揃えが豊富であることで『選ぶ楽しさ』があるという付加価値も感じられていることがわかりました。さらにはデザイン・量の面からお弁当をかわいく作れる、ギフトの回数が増えるなど、日々の生活の中で喜びやコミュニケーションが増すことにもつながっています。
一方で、100円ならではの品質により、逆に新しい価値が生まれているケースもみられました。キッチンで使うケース・ドライバーなどは「薄い」「短い」という特徴が、「軽い」「持ちやすい」「しまっても邪魔にならない」と評価されており、安価にするために「薄く」「短く」が、主婦・女性にとってはむしろ利便性につながっていることがわかりました。

主婦マーケター「DOさん」とは
当社が創業当時に掲げていた「主婦産業」への想いから始まった
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/174268/img_174268_4.png
主婦のネットワークです。現在、首都圏を中心に約140人が登録しています。
一般的なアンケートモニターとは異なり、生活事実をありありと伝えるための定性技術のトレーニングを受けているのが特徴です。
また、パソコンやソーシャルメディアを使いこなすほか、自宅での座談会を開催・進行する能力も備えています。主婦ならではの生活現場や流通現場(店頭)を拠点として企業のマーケティングリサーチや、プロモーション活動の支援をしています。

インサイトが見えてくる― 量より深さの「DOれぽ!プラス」とは
当社の定性技術トレーニングを終えた主婦マーケター「DOさん」を対象に、メールインタビュー形式でクイックに定性情報を収集し、生々しい生活行動・生活実態のデータをリサーチサービスにネットモニターの定量アンケートを加え(プラス)、最短1週間から2週間程でご提供する企業様向けのサービスです。
DOさんの定性データを読み進めていくと、ありありとした生活風景が目に浮かび、あたかも主婦が目の前で語っているように感じられるのが特徴です。なぜそう思うのか?なぜその行動をとったのか?を日々の生活背景を盛り込みデータにしていくので、深い定性情報に触れられ、生活者のインサイトが見えてきます。
日常業務のふとした疑問の解決、各種リサーチのプレ調査、各種マーケティング企画のバックデータとしてご利用ください。

【納品イメージ(左)】 ※右はオプションのサマリ(有料)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/174268/img_174268_5.png

取得項目(質問内容)
●100円ショップでの購入頻度
●100円ショップでよく購入する商品(カテゴリー)
●100円ショップでよく購入する商品とその理由
●100円ショップがよい・充分という商品(カテゴリー)
●100円ショップがよい・充分という商品とその理由
●100円ショップでは買わないという商品(カテゴリー)
●100円ショップでは買わないという商品とその理由
●100円ショップにどのようになってほしいか


会社概要
国内・海外でマーケティング事業を展開し、生活と流通の2つのマーケティングフィールドに対する、クチコミプロモーション及び定性リサーチを実施しています。
会社名 :株式会社ドゥ・ハウス https://www.dohouse.co.jp/
設立 :1980年7月7日
代表者 :代表取締役社長 高栖 祐介





詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
 

広告

ピックアップ 注目ニュース