FLEXNOTE の取り扱いを開始

プレスリリース発表元企業:株式会社マークス
FLEXNOTE の取り扱いを開始

FLEXNOTE の取り扱いを開始

FLEXNOTE の取り扱いを開始


株式会社マークス(本社:東京都世田谷区、代表取締役:高城和彦)は、K-DESIGN WORKSと販売に関する契約を締結し、国産初のディスクバインド方式のノート 「FLEXNOTE (フレックスノート)」の販売に関して、日本における販売店とし て、2019年2月1日より、国内での取り扱いを開始いたします。

フレックスノートは、指で押しはめる、手で引き抜くという簡単な操作でページの着脱ができる、ディスクバインド方式のノートです。およそ70年前にヨーロッパで開発されたこの方式は、スマートなデザインと優れた機能性を兼ね備え、欧米を中心に多くのユーザーが活用しています。この機能をそのままに、シンプルで汎用性の高いディスク形状と、使い勝手のよいピッチを検証、国内初のオリジナル製品として開発、ディスクとリフィルなど、すべてを国産で仕上げました。
3つのサイズと10種類のリフィル。方眼、無地、横罫、TO DOリストなど、さまざまなリフィルを自由に組み合わせて、1冊にまとめて使えることが大きな魅力。従来のノートにはない、ディスクを用いた独自の方式による、フレキシブルでクリエイティブなノートです。
なお、フレックスノートは2018年日本文具大賞デザイン部門グランプリを受賞しています。

<製品の特徴>
・アルミディスク
フレックスノートの要となるアルミディスクは、NC旋盤による切削加工品。直径18ミリの円柱の素材を回転させながら、形状の異なる5種類のバイト(刃物)でおよそ60秒間かけて、ひとつひとつをていねいに削り出していきます。金型による成形品にはない削り出しならではの、高い精度と切削面の美しい輝きを実現しました。

・リサイクルレザー
本革の厚み調整のために削り取られた牛革繊維70%と、天然ゴムを主原料とするその他の成分30%からなる再生素材です。なめし油や天然タンニン、ワックス、革仕上げ剤を使用することで上質の本革に見てとれる柔軟性と美しい光沢を再現。耐摩擦性、耐色性、耐光性などの厳格な検査をクリアした高級リサイクルレザーです。

・FSC森林認証紙
FSC森林認証紙は、地球環境や生産地域の社会に配慮して、適切に管理されていることが認証された森林の木材を原料に含む紙です。わたしたちがこの紙で作られた製品を利用することで、世界各地の責任ある森林管理を推進し、地球の環境保全につなげていきます。
※ FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)は、環境保護団体、林業経営者、地域先住民団体、森林組合などの代表者からなる、非営利、非政府の国際組織です。

・アワード
2018年日本文具大賞デザイン部門グランプリ、第1回紙もの大賞ノート・メモ部門大賞、2018年度グッドデザイン賞を受賞するなど、業界内外から大きな注目を集めています。


<企画・製造元:K-DESIGN WORKS>
2007年設立。ステーショナリーブランドMUCUの企画・製造・販売を行う。同時にオリジナル文房具の企画・製造・販売、企業のプライベートブランドやOEMのデザインや開発を行ってきた。
2016年にFLEXNOTE ブランドを開発。ラインアップを拡大すると同時に厳しい自社検査基準による商品作りを進め、多方面から注目を集めている。

<販売元:株式会社マークス>
1982年設立。デザインステーショナリー、ライフスタイルプロダクトの企画・製造、国内外での卸売販売事業、国内外直営店およびECでの小売販売事業を展開。
自社商品は手帳を中心としたブランド「EDiT」、マスキングテープの「マステ」をはじめ、フォトアルバム、デザイン文具のほか、金封、スマートフォンケース、ポーチなど。卸売販売事業は、東京本社、大阪オフィス、福岡オフィスの国内拠点、マークスヨーロッパ(パリ)や各国のディストリビュターなどを通して、グローバルに展開。国内外直営店での小売事業は5業態22店舗とオンライン・ストアを運営。欧州への事業展開サポート事業及びコンサルテーション事業も行う。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース