「思い出は、自分だけのインテリア」。大切な写真を入れると、思い出が自分の家にしかないインテリアのアクセントになるフォトフレーム。

プレスリリース発表元企業:株式会社スパイス

特別な思い出を懐かしむような空気感を漂わせるインテリアアクセントになる、「ANCIENT ボーンフォトフレーム」の販売を開始しました。株式会社スパイス(本社:名古屋市)より販売。



[画像1: https://prtimes.jp/i/8578/385/resize/d8578-385-736341-0.jpg ]

本当は大切にとっておきたいシーンが、携帯の中の大量のイイね写真の中に、埋もれていませんか?
「スゴーイ、カワイイ、キレイ、、、」と気に入ったシーンを、携帯で次々と撮って保存。その後もどんどん新しい画像が保存されて古い画像は見る順位が低くなる。でもたまにアルバムをゆっくり見ることができた時に、「あっこれはちょっと大切にしたい写真だ」という1枚が出てきたりします。
そんな写真は、携帯の中で特別保存もいいけれど、やっぱり写真としてプリントしたほうが、携帯のディスプレイの枠内で見るより、空気感が感じられます。その写真を「ANCIENT ボーンフォトフレーム」に入れて部屋の中に飾れば、自分が好きなもの大切に思うものに、なんだか懐かしい味わいが付加された、思いっきり自分テイストなインテリアのアクセントになります。

■ 一般の方の公式販売サイトはこちらから
http://spicestore.jp/shopbrand/photo-frame/
[画像2: https://prtimes.jp/i/8578/385/resize/d8578-385-132872-1.jpg ]

フォトフレームは、水牛の骨をカットしたプレートにプリントを施し、木製のフレームに貼り付けています。
シックな色調の柄はインテリアに馴染みやすく、最近の写真でも「ANCIENT ボーンフォトフレーム」に入れると、懐かしい気持ちになって古き良き思い出が蘇ってくるような空気感が広がります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/8578/385/resize/d8578-385-850266-2.jpg ]

大切な思い出の数だけ、インテリアのアクセントがあります。

[画像4: https://prtimes.jp/i/8578/385/resize/d8578-385-754755-3.jpg ]


■商品の詳細はこちらから
https://spice.jp/catalogsearch/result/?q=TCDG80+TCDG81
■ 一般のお客様購入サイトはこちらから
http://spicestore.jp/shopbrand/photo-frame/
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社スパイス 担当:奥地
〒468-0001 愛知県名古屋市天白区植田山4-1101-1
TEL:052-861-8901
URL: http://spice.jp
E-Mail:customer@spice.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク