株式会社AI Samuraiは、世界初の特許審査シュミレーションシステム『IP Samurai』の日本特許公報対応版を、クリスマスより販売いたします。

プレスリリース発表元企業:株式会社ゴールドアイピー

人工知能を用いた特許審査シミュレーションシステム『IP Samurai』を開発・販売する株式会社AI Samurai(旧名:ゴールドアイピー)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO 白坂一)は、12月25日より日本特公報許対応のβ版をクリスマスより販売いたします。



IP Samuraiとは何か
 人工知能を搭載した『IP Samurai』は発明内容(新しいアイデア)をテキストボックスに入力するだけで、特許分類付与→先行技術調査→発明の内容理解・認定→特許登録可能性のランク付けまでを行い、ユーザーの特許調査の負担を大幅に削減することを可能にする世界唯一の特許判定シミュレーションシステムです。2018年4月に販売された米国特許対応版(α版)はトヨタ自動車株式会社のグループ企業であるTTDC(トヨタテクニカルディベロップメント株式会社)を始め9社と契約しており、特許庁の知的財産インテリジェンスサービス内でも『IP Samurai』の無料版が公開中。現在約250人が『IP Samurai』を利用しています。


日本特許対応β版の新たな機能
『IP Samurai』は特許公報で公開されている膨大な文章を解析することにより、申請内容が先行技術に対してどの点で優位性を持っているのかを判別するシステムです。漢字仮名交じり文で構成され、文脈も多岐に渡る日本語の文章解析は英語での文章解析よりも難易度が高く、今回販売されることになった日本特許対応β版は、米国特許を対象としたα版よりも高い技術が要求されていました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/21559/41/resize/d21559-41-825454-0.jpg ]


 しかし、今回、『IP Samurai』日本特許対応β版を開発するメンバーの中心人物である三上崇志CTOは日本特許の文章を対象とした検索データベースの構築に成功。これにより、日本における先行技術に対して自社の新技術がどのように優れているのかを判別することが可能になりました。

 「画一的に構造化されているという特許文書の特徴を活かし、また明細書等に含まれるテキスト自体の自然言語としての構造も利用して、アイディアの新規性や進歩性の判断を行うことができるようになりました。ただ該非判定の結果を弁理士の感覚と調整するのは難しかったですね。今は社内の弁理士に監修に入ってもらってその都度調整していますが、今後は機械学習で評価できるようにしたいと思っています。」(三上崇志 取締役CTO)

IP Samuraiのもたらす未来
 『IP Samurai』日本特許対応β版では新たな機能として、検索時の入力や検索結果の出力はどちらも日本語・英語での対応が可能になっており、特許の認定可能性を直感的に分析することができるようになっています。また、難易度が高いと言われていた日本語の文章を検索するデータベースの構築が実現したことにより、中国語やアラビア語などといった他言語の文章に関しても『IP Samurai』のシステムを応用できる可能性も見えてきており、白坂一CEOは米国特許や日本特許だけに留まらず、今後はより一層グローバルな観点でクライアントに貢献できるのではとコメントしています。

 「クリスマスに、IP Samuraiのβ版リリースを間に合わせることができ、本当にうれしくおもっています。今年4月よりIP Samuraiのα版をご利用いただいた顧客のニーズを踏まえ、そのニーズから課題を真摯にとらえ、開発を進めてくれた開発陣には大変、感謝しております。また、さっそく、多くのお問い合わせがありまして、リリース前からご購入頂き、大変感謝しております。IP Samuraiのβ版のリリースが、日本の知的財産業界における将来のクリスマスプレゼントになればよいなと思ったりしております。来年に向け、中国特許の開発も進めており、油断することなく、日本の知的財産に貢献できる人工知能技術とサービスを追求していきます」(白坂一 取締役CEO)
[画像2: https://prtimes.jp/i/21559/41/resize/d21559-41-771643-1.jpg ]

 日本特許の検索・比較検証に革命をもたらす『IP Samurai』。2019年の正規版販売に向け更なる精度向上を図り、クライアントの知的財産戦略を加速させていきます。


取締役プロフィール
代表取締役社長CEO 白坂 一
防衛大学校理工学部卒業。横浜国立大学院 環境情報学府 修了。富士フイルムに8年間在籍。その後、特許業務法人白坂を設立、米ナスダック上場のビッグデータ解析企業の関連会社の社長を兼任。2015年に株式会社ゴールドアイピーを創業。特許業務法人白坂会長、弁理士、国家試験知的財産管理技能検定委員。
取締役CTO 三上 崇志
京都大学理学部情報学研究科卒・大学院修了後、三菱電機入社。2010年度IPA未踏事業でスーパークリエータに認定。起業後SNS・アプリ等を企画・開発・運営し、ヴイストン株式会社にてコミュニケーションロボットSotaのソフトウェア開発を先導。2018年ゴールドアイピーCTOに就任、IP Samurai開発の中心メンバーとして活動。

会社概要
株式会社AI Samurai(旧名:ゴールドアイピー)
代表取締役社長:白坂 一
会社設立:2015年9月11日
所在地:東京都千代田区大手町1‐6‐1大手町ビル4階
資本金:2億4000万円(2018年12月24日現在)
事業内容:知的財産関連IT・分析サービスの提供
URL:http://goldip.co.jp/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース