2018-12-21 13:00:00

産業用ドローン DJI MAVIC 2 ENTERPRISE DUAL 購入相談開始!

プレスリリース発表元企業:株式会社セキド

株式会社セキドは、赤外線カメラ搭載のドローンDJI MAVIC 2 ENTERPRISE DUAL の購入相談を開始しました。

DJI MAVIC 2 ENTERPRISE DUALビジュアルカメラと赤外線カメラを一つのユニットに統合した、産業用ドローンです。今年10月に発表した Mavic 2 Enterprise の特徴である制御技術やアクセサリー拡張性も搭載。FLIR システムズ社と共同で開発した本商品は、赤外線カメラにより温度を測定し、画像と温度データを容易に保存も可能になりました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16343/160/resize/d16343-160-594769-0.jpg ]


DJI MAVIC 2 ENTERPRISE DUALは、サーマルカメラが搭載された、ドローン史上最小クラス赤外線カメラ搭載ドローンです。
赤外線カメラの隣には4K1200万画素のカメラも同時搭載され、本格サーマルカメラであるXT2と同じサーマル画像の中に輪郭が浮き出るMSX機能も使用可能、救難や調査点検の幅を大きく広げる待望の商品です。

より詳しい情報をいち早くお届け出来るセキドオリジナル資料は下記より請求出来ます。
商品の詳細や、資料請求、お電話でのお問い合わせはこちら!
→︎https://www.sekido-rc.com/?pid=138398459

[画像2: https://prtimes.jp/i/16343/160/resize/d16343-160-341514-3.png ]



■FLIR 赤外線カメラ搭載
可視光を捉える 4K センサーと、サーマル画像データを捉える FLIR Lepton(R) サーモグラフィーマイクロカメラを一つのユニットに収容した 3 軸ジンバルカメラを搭載しています。これら2つのセンサーにより、パイロットは夜間や霧、煙の立ち込める日中の複雑な環境 下でも飛行させることができます 。
FLIR MSX(R) ‒ FLIR の特許取得済み MSX(マルチスペクトルダイナミックイメージング)は、忠 実度の高い可視光カメラデータを赤外線カメラのデータにリアルタイムで統合する機能です。視 覚的ディテールが協調されるため、肉眼ではすぐに確認できない重要なデータを素早く特定し、 解釈することができます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/16343/160/resize/d16343-160-969583-1.png ]


■機能を追加できる拡張アクセサリーは健在
Mavic 2 Enterprise Dual は、10 月に発表された Mavic 2 Enterprise の「スポットライト」「スピーカー」「ビーコン」などのアクセサリー全てに対応、DJI Pilot 飛行制御アプリで操作出来ます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/16343/160/resize/d16343-160-400035-4.png ]

■データセキュリティ機能が強化
Mavic 2 Enterprise と同様、重要な業務における写真や動画、フライトロ グ、その他のデータを保護する新機能を備えています。24GBの内蔵データストレージとパスワード保護機能を搭載しており、ドローンの機能と保存されたデータのアクセスへの強化、パスワード保護を有効することで、ドローンに物理的な障害があった場合でも、データを保護しながらドロー ンと内蔵データストレージへの安全なアクセスを提供することができます。
また、新しく搭載した GPS タイムスタンプ機能は、撮影された画像ごとに時間と位置情報を記録でき、操縦者の報告義務をサポートするとともに、ドローンで撮影したデータの信頼性を向上させることが出来ます。
加えて、ローカルデータモード機能の利用も可能。ユーザーが接続しているモバイル端末からのインターネットへのデータ送受信を停止できます。これにより、重要なインフラ設備や行政機関などのプロジェクト、その他慎重な対応が求められる業務に関連した飛行においても活用可能になります。
[画像5: https://prtimes.jp/i/16343/160/resize/d16343-160-154901-5.png ]


■最新技術による安全性の向上
操縦者の状況認識を強化し、空域の安全性を高めるDJIのAirSense技術を搭載。機体と一体型の ADS-B 信号の受信機を使用し、近くにいる航空機やヘリコプターの情報を操縦者に警告、位置警告をリアルタイムで表示します。これにより、複雑なオぺレーション(山火事の鎮圧や災害復旧、インフラ 設備監視など) での活用で、さらなる安全性を提供できるようになりました。
また、Mavic 2 Enterprise Dual は、データ伝送システム OcuSync 2.0 動画伝送 システムを搭載、電磁干渉の高い都市部などの環境下であっても、ドローンと送信機間の接続がさらに安定しました。
また、一定の状況下において、約31分の最大飛行時間と 72km/h の最大速度を実現しました。さらに、自己発熱型バッテリーで、マイナス 10 度の厳しい低温環境であっても、ドローンは確実に性能を発揮します。
[画像6: https://prtimes.jp/i/16343/160/resize/d16343-160-554077-2.png ]

専門スタッフによる説明会開催!
セキドでは、M産業用ドローン DJI MAVIC 2 ENTERPRISE DUALの資料請求を受付開始、
商品説明セミナーも開催予定です。

商品の詳細や、資料請求はこちら!
→︎https://www.sekido-rc.com/?pid=138398459
セミナーの開催については、商品ページの他、メルマガやfacebookをチェック!

最新情報が受け取れる、セキド会員登録はこちら
→︎https://www.sekido-rc.com/?mode=f92


お問い合わせはこちら!
【セキド虎ノ門本店 産業用ドローン相談窓口】
受付時間(月~金 10:00~17:30)TEL: 03-5843-7836


【セキドについて】

日本国内において3万社以上の企業や官公庁様と取引実績がある、ドローンの販売並びに各種サポート業務のリーディングカンパニー。ドローンの世界最大手であるDJI社の代理店を日本国内で初めてスタートさせ、現在は東京都虎ノ門と神奈川県横浜市にてドローン総合施設を運営しております。
また、これまで800回以上の各種セミナーやイベントを全国で開催、延べ15,000名以上のお客様にご参加頂いております。


【DJI認定ストア 虎ノ門】

http://sekidocorp.com/toranomon/
OPEN 11:00 - 20:00 (日曜定休)
東京都港区西新橋2丁目35番5号セキド虎ノ門1F
TEL: 03-5843-7838 FAX: 03-5843-7837


【セキド虎ノ門本店 産業用ドローン相談窓口】

http://sekidocorp.com/industry/
東京都港区西新橋2丁目35番5号
セキド虎ノ門本店
受付時間(月~金 10:00~17:30)
TEL: 03-5843-7836 FAX:03-5843-7837


【セキド横浜店】

http://sekidocorp.com/sekido-dji-experience-store_02/
受付時間(月~金 9:30~17:30)
TEL: 045-353-8588 FAX: 045-350-7088
【本件に関するお問い合わせ】https://pro.form-mailer.jp/fms/e9646c4977801
TEL : 042-505-6587 (平日10:00-12:00・13:30-17:30) FAX:042-505-6588


PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク