アメリカのRenvale Exchange、韓国ディー・コイン・アセット(D Coin Asset)と戦略的提携調印式開催

プレスリリース発表元企業:株式会社セトワークス
アメリカのRenvale Exchange、韓国ディー・コイン・アセット(D Coin Asset)と戦略的提携調印式開催


アメリカの レベール・キャピタル(Revale Capital Inc.&Renvale Exchange LCC)と韓国ディー・コイン・アセット(D-Coin Asset)がブロックチェーンと 仮想通貨の発展のための 戦略的提携協定の契約を締結したと11日に明らかにした。.


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NTU3MyMyMTMwNTUjNDU1NzNfbUFjTVlYcWhJSS5wbmc.png ]


アメリカの レベール・キャピタル(Revale Capital Inc.&Renvale Exchange LCC)と韓国ディー・コイン・アセット(D-Coin Asset)がブロックチェーンと 仮想通貨の発展のための 戦略的提携協定の契約を締結したと11日に明らかにした。.

これにてアメリカのRenvale Capitalは最近始めた最先端の仮想通貨の取引所であるRenvale Exchangeの韓国内の事業を拡大することができるモデンタムを作ることになった。

公式合併調印式は3日、ソウルのインタコンティネンタルホテルで開かれた。Renvale CapitalとRenvale Exchange側CEO側では、CFOウィル·コリンズとCFOオリバー·ダグラス,CTO ビシャル·アグラウォールが参加しディー・コイン・アセットでは、ディグローバルホールディングス共同代表兼ディー・コイン・アセットCFOアン·スンヒョク代表などの主要な役員が出席した。

レベール・キャピタル(Revale Capital Inc.&Renvale Exchange LCC)は、2006年にアメリカで設立され、金融ソルーションと投資プラットホーム、仮想通貨プラットホームを保有、運営している。レベール・キャピタルは、最近新しくローンチングしたグローバル取引所である「RenvaleX」は、すでに業界で大きな注目を集めている状況である。

Renvale Exchangeは、新たに開発されたマルチプラットホーム仮想通貨取引所に初心者や専門家の両方に完全かつ円滑な使用者の経験を提供し、1秒当たり数十万件の取り引きができるように設計されている。

現在Renvale Exchangeはビットコイン、ビットコインキャッシュとイーサリアムなどの主要仮想通貨を上場している。時間が経つにつれて、あらゆる種類のデジタル資産の取引を支援する予定だ。ディー・コイン・アセットは、韓国にDopcoinを上場したディグローバルホールディングスの系列法人として4月仮想通貨流通・販売・仲介・売買を銘柄として事業者登録を終えた会社である。

ディー・コイン・アセット(D Coin Asset)は、仮想通貨の分野で韓国の大手専門メーカーだ。韓国で設立され、仮想通貨トークンを流通、販売、取引することができる許可を受けた唯一の会社で物インターネット(IOT)、宝石、放送、小売、採掘事業を行うグローバル企業D-Global Holdingsの子会社である。今回の提携でRenvale Exchangeとディー・コイン・アセット(D Coin Asset)が一緒に、これらの需要を満たす単一のプラットホームを提供する。 Renvale CEOウィル・コリンズは調印式の後、「Renvale Exchangeとディー・コイン・アセット(D Coin Asset)の提携は、驚異的な相乗効果を形成して、各企業がそれぞれの専門知識、リソース、および知的財産を活用できるようにするものである」とし、「簡単に言えばディー・コイン・アセット(D Coin Asset)の現地インフラはRenvale Exchangeに新しい扉を開いて与えるもので、当社のプラットホームは、ディー・コイン・アセット(D Coin Asset)に大衆市場での高速道路の役割をすることになるだろう」と述べた。

業界では、今回の提携協定の契約がディー・コイン・アセットと韓国事業に成功的に進入しようとするレベール・キャピタルのニーズが合致して行われたと分析している。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

財経アクセスランキング

広告