富士通、アフラック様の「即時支払いサービス」にセキュアなオンライン認証サービスを導入

プレスリリース発表元企業:Fujitsu Ltd

TOKYO, Dec 6, 2018 - ( JCN Newswire ) - 当社が提供する「FUJITSU IoT Solution 生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス(以下、オンライン生体認証サービス)」が、アフラック生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古出 眞敏、以下、アフラック)様において2018年12月17日よりがん保険の一部の保障(注1)で開始する「即時支払いサービス」に採用されました。

アフラック様の「即時支払いサービス」では、生存確認の手段として新たに生体認証を導入することで、お客様へのがん保険の診断給付年金の迅速な支払いが可能となります。今回提供するFIDO(注2)に準拠した生体認証では、お客様が所有するスマートフォンなどの本人認証機能を使用することにより、少ない負担で生存確認手続きが可能です。アフラック様は、お客様の利便性を高めると同時に、強固なセキュリティのもと手続きが実現できます。

当社は、保険業界におけるサービス向上のため、保険とITを融合させたインシュアテック(注3)に貢献するとともに、オンライン生体認証サービスを、金融をはじめとする様々な業界に幅広く展開していきます。

オンライン生体認証サービスを採用したシステムの概要

当社は、アフラック様の「即時支払いサービス」において、FIDOを導入する際に必要となるサーバやソフトウェアおよびクライアント側の開発支援サービス、ならびにクラウド環境を提供します。

当社の「オンライン生体認証サービス」により、アフラック様が新サービス向けに開発したアプリケーションへのログインおよび生存確認を、生体認証(指紋認証、顔認証)での本人認証により行うことができます。また、この生存確認においてはアフラック様がお客様の生体情報を保有せず、強固なセキュリティのもと診断給付年金の手続きが実現できます。

今後

当社は「オンライン生体認証サービス」を、本人認証などを必要とする様々なお客様に対し、新規格のFIDO2(注4)によるWebブラウザからの利用や認証デバイスの拡充など、新たな利用シーンも含めて提案し続け、ビジネスに貢献します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/12/6.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース