AIの活用でアイデア創出を加速した顧客協創方法論「NEXPERIENCE」[日立]

プレスリリース発表元企業:株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)
AIの活用でアイデア創出を加速した顧客協創方法論「NEXPERIENCE」[日立]

豊かな社会の実現に向けて、お客さまとの協創による社会イノベーション事業の創出をめざす日立。

そのための手法、ITツール、空間を体系化したものが、顧客協創方法論「NEXPERIENCE」です。
事業分野の社会課題を的確にとらえ、生まれたアイデアからビジネスモデルを設計し、さらに収益性の評価までつながる一連の流れとして体系化されています。


これまで600件以上の事案を扱い、その実績を生かして今も進化を続ける「NEXPERIENCE」。

事業分野の枠を超えた知識・知見の融合でアイデアを生み出すワークショップに、今回、AIを活用してイノベーティブなアイデアの創出を加速させるしくみが加わりました。
業種横断型のアイデア創出とはどのようなものか、ワークショップによる課題解決をご紹介します。


▼AIの活用でアイデア創出を加速した顧客協創方法論「NEXPERIENCE」:
 Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYOレポート
http://www.hitachi.co.jp/it-pf/mag/ryoko/hsif2018_lumada/02/



◆商標に関する表記
・記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

【付帯情報】
・AIの活用でアイデア創出を加速した顧客協創方法論「NEXPERIENCE」[日立]
http://itm.news2u.net/items/output/163692/1


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース