2018-11-28 12:00:00

akippaと滋賀県大津市、シェアリングエコノミーを活用した観光地の渋滞緩和を目的に協定を締結

プレスリリース発表元企業:akippa株式会社

akippa 株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、滋賀県大津市(市長:越直美)の観光地等の駐車場不足による地域社会的課題の解決推進のために、本日2018年11月28日、「シェアリングエコノミーを活用した駐車場不足による地域課題解決に関する連携協定書」を締結したことをお知らせします。
akippaが観光地等における渋滞緩和を目的とした、自治体との連携協定を締結するのは初めての事例となります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16205/161/resize/d16205-161-512931-1.jpg ]

■協定締結の目的
大津市内の観光地等での地域社会的課題である、駐車場不足の解消、周辺の交通渋滞の緩和、迷惑駐車の防止の解決を推進するために、協定を締結致します。

■協定内容
1. 大津市の観光地等の周辺におけるakippaのチラシの配布・周知
2. 大津市でのakippaのサービス・事業の積極的な展開
3. 大津市でのシェアリングエコノミーに関する推進への協力
4. 大津市、akippaの取組を相互の広報のシステムやネットワーク等を活用して発信
5. 本サービス利用者の属性データ、利用データの定期的な大津市への提供

■具体的な取り組み
(1)akippaは、混雑する「びわ湖バレイ」周辺を中心に駐車場を開拓
大津市北部にあるリゾート施設「びわ湖バレイ」は、4月末~12月初旬までのグリーンシーズンは週末を中心に周辺道路や駐車場が混雑します。大津市の地域社会的課題ともなっており、akippaとの連携による解決を目指します。akippaは、最寄駅である志賀駅周辺の月極駐車場や店舗、個人宅などの空きスペースをakippa駐車場として開拓します。

(2)大津市からakippaへ、地域の有力事業者を紹介
(1)の実現に向け、必要に応じて大津市は地域の事業者をakippaに紹介し、地域の住民や事業者へakippa駐車場の登録を促します。

(3)大津市のチラシやHP、イベント等で市民に対しakippaを紹介
観光地周辺や市の運営するホームページやチラシ、イベント等で、akippaを紹介し、市民への認知度向上および利用促進を進めます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/16205/161/resize/d16205-161-983548-0.png ]

akippaは、困りごと解決企業として、自治体との提携等を通じて地域の課題解決に取り組んでまいります。


■akippaとは
契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫に、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保しています。2018年11月に、会員数100万人を突破しました。
https://www.akippa.com/


【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】
akippa株式会社 広報グループ(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル9階
Tel:03-6450-6090
Email:pr@akippa.co.jp
URL: https://akippa.co.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース