2018-11-19 20:52:00

ISACAがCOBITフレームワークを更新し、ビジネス技術の最新の動向や標準に対応

プレスリリース発表元企業:ISACA
ISACAがCOBITフレームワークを更新し、ビジネス技術の最新の動向や標準に対応

COBIT 2019は重点分野の追加、成熟度モデルの再導入、デザインガイドの用意により、実践を簡素化

(米イリノイ州シャンバーグ)- (ビジネスワイヤ) -- 情報および技術(I&T)の監査、リスク、ガバナンス、セキュリティーの専門家のための世界的組織であるISACAは、7年近くで初めてのCOBITフレームワークの更新版をリリースしました。新しいバージョンのCOBIT® 2019は、企業が自社の情報や技術をより適切に統括・管理できるよう、包括的で従来以上に実用的な指針を提供します。COBITフレームワークは世界のあらゆる産業の企業に使用されており、COBIT公表物のダウンロード回数は100万回以上に上っています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20181119005336/ja/

ISACAは1996年、ITに関する一連の管理を実現・整理するためにCOBITを発表しました。今回の新バージョンのCOBITは4つのフェーズで構成され、技術の動向や優先順位を反映した重点分野(DevOpsやサイバーセキュリティーなど)、最新の業界標準に合わせた更新、柔軟性とガイダンスを提供するデザインガイドにより、組織が各自のニーズに合わせてガバナンスシステムを作れるようにします。

COBITトレーナーでエスクート・コンサルティング設立者のマーク・トーマス氏はCOBITの更新について、ブログで次のように述べています。「COBITフレームワークは20年以上にわたり盛んに活用されてきましたが、それはあらゆる面で1990年代と同じように適用される中核的ビジネス原則をクリアしているからです。しかし、現在の技術環境の重要な推進力に関連して指針を更新することが重要となっており、その面でCOBIT 2019は大きく前進しています。」

本日リリースした最初のフェーズは、下記の内容を含みます。

COBIT 2019フレームワーク:導入と手法 — COBITコアモデルを含め、ガバナンスの原則を詳述し、重要な概念や例を示し、全体的なフレームワークの構成を示しています。 COBIT 2019フレームワーク:ガバナンスと管理の目的 — COBITコアモデルと、そのガバナンス/管理上の目的40項目を詳述しています。これらの項目を定義した上で、それに合わせて関連プロセス、企業にとっての目標、ガバナンスと管理の実務を対置しています。 どちらもISACAの会員および非会員がwww.isaca.org/cobitから無料でダウンロードでき、無料のツールキットも含まれています。

12月には、ISACAは下記をリリースします。

COBIT 2019デザインガイド:情報/技術ガバナンスのためのソリューションのデザイン — 組織に合わせたガバナンスシステムをデザインするためのハウツー情報を提供します。 COBIT 2019実践ガイド:情報・技術ガバナンスのためのソリューションの実践・最適化 — ガバナンスを改善し続けるためのロードマップを示します。 トレーニングコースと認証プログラムは1月と4月に発表します。

COBIT 5から変更された点として、COBIT 2019はCMMIインスティテュートによる能力成熟度モデル統合に基づく成熟度モデルを使用することにより、COBITの各アクティビティーに関する企業の能力レベルを判定します。COBIT 2019は3つの新たな管理目標(プロセス)のほか、デザイン因子も追加しています。

ISACA理事会のボブ・クライド理事長(CISM)は、次のように語っています。「COBIT 2019は情報・技術の資産から生まれる価値をガバナンスと管理の向上によって高めるための世界レベルの指針を提供します。この種の指針は、新たな成長と革新を促進しながら、脅威やリスクに対して世界中の組織を強化します。」

COBIT 2019は1つのプロジェクトベースの実践から、特定のチームや事業部門での利用、全社レベルでの完全な実践に至るまで、企業の情報/技術ガバナンスを支援します。

COBIT 2019筆頭開発者のDirk Steuperaertは、次のように語っています。「COBIT 2019により、企業は組織の事業目的や各組織特有の事情に特化した実用的なガバナンスソリューションを柔軟にデザインできます。COBIT 2019を採用する組織は、リソース使用の最適化、効率の向上、情報/技術管理の改善という利点を実現できます。」

COBIT 2019のガイダンス、製品、トレーニングに関する詳細については、www.isaca.org/cobitをご覧いただくか、こちらから無料のウェビナーにご登録ください。

ISACAのツイッター:www.twitter.com/ISACANews

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20181119005336/ja/

連絡先
ISACA
Emily Van Camp, +1.847.385.7223
evcamp@isaca.org
or
Kristen Kessinger, +1.847.660.5512
kkessinger@isaca.org

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク