子どもの”金融教育”と“キャリア教育”はカードゲームで!おもちゃクリエーター高橋晋平氏と共同開発『職業診断ゲーム わくわくワーク』を11/24より発売

プレスリリース発表元企業:日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

予約特典は“イマドキな職業”を描いた5種類のレアカード

日本最大級のマネースクール ファイナンシャルアカデミー(本社:東京都新宿区、代表:泉正人、以下当校)は、11月24日(土)より、お金の活きた使い方を知り、自分のやりたい仕事の方向性に気づける小学生向けのカードゲーム『職業診断ゲーム わくわくワーク』を発売いたします。また発売日前日の11月23日(金・祝)に行う小学生対象の発売記念イベントを報道関係者に公開いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-786075-0.png ]

https://www.f-academy.jp/wakuwakuwork/

■“なくなる仕事”が増える未来、子どもたちの職業選択は?

人工知能の発展に伴い、今後10~20年後に今の仕事の50%がなくなるという内容が書かれた論文「雇用の未来」がオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授より2014年に発表されました。これをきっかけに「消える職業、なくなる仕事」が話題になる一方で、Youtuberやプロゲーマーなど新しい仕事も生まれています。従来の職業観では具体的に未来が描きにくい時代、新しい「キャリア教育」が求められています。

また今の時代に求められる教育として「金融教育」も挙げられます。成人年齢の引き下げが閣議決定されたことや政府によるキャッシュレス化推進の流れを受け、幼いうちから「お金との付き合い方」を積極的に考えることが必要になっています。


■「未来を広げるお金の使い方」を体感できる職業診断ゲーム



このような時代背景をもとに開発したカードゲームが『職業診断ゲーム わくわくワーク』です。子どものうちに知っておきたい「自分の未来を広げるお金の使い方」を体感し、遊びながら将来自分がやりたい職業の方向性に気づくことができるゲームです。
ゲームは、当校が2015年に独自開発した小学生向けお金のボードゲーム『ハピプロ』(ゲーム会は延べ1300人が参加、満足度97%)で大切にしている「お金とハッピーに付き合う」という考え方をベースに「∞(むげん)プチプチ」の開発にも携わったおもちゃクリエーター高橋晋平氏と共同開発しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-864306-8.jpg ]

※写真:おもちゃクリエーター高橋晋平氏

■遊び方は簡単!お金をうまく使って「ハピ」をたくさん集めた人が勝ち!


このゲームは、お金を使って色々な体験をし、なりたい職業につき、最終的に幸せ度を表す得点「ハピ」が高かった人が勝ちになります。プレイヤーはお金を払って体験カードを集め、自分が集めた体験カードに書かれた「からだ」「こころ」「ことば」「かがく」のポイントの合計値に応じて、様々な職業に就くことできます。
※詳細は専用サイトで紹介 https://www.f-academy.jp/wakuwakuwork/
[画像3: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-201283-9.png ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-319419-10.png ]

※写真:わくわくの遊び方/体験カード例


■予約特典は、編集者の箕輪厚介氏など“イマドキな職業”のレアカード

発売日前日の11月23日(金)までに、予約サイト(https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07K2Y1RF4
にて商品をお申し込みの方には、先行予約特典として『イマドキお仕事レアカード』(非売品)をプレゼントします。時代が注目する職業人をモチーフにしたカードを通して、子どもたちの職業観を広げることを目的にしています。

<イマドキお仕事レアカード 協力者>
※実際のカードのデザインとは多少異なります

[画像5: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-672020-11.jpg ]

◆イマドキお仕事レアカード(1)
編集者:箕輪厚介氏
幻冬社の編集者としてホリエモンの『多動力』など数々のヒット作を生み出す一方、オンラインサロン運営や各種プロデュースなど幅広く活躍。著書に『死ぬこと以外かすり傷』https://naminoueshoten.com


[画像6: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-731399-12.jpg ]

◆イマドキお仕事レアカード(2)
ロボットクリエーター:高橋智隆氏
研究から設計、デザイン、制作まで一人で行う日本を代表する世界的ロボットクリエーター。ロボット開発で数々の賞を受賞。東京大学先端科学技術研究センター特任准教授。http://robo-garage.com/cr/


[画像7: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-664071-13.jpg ]



◆イマドキお仕事レアカード(3)
企画作家:氏田雄介氏
平成生まれ。代表作は『あたりまえポエム』『意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語』など。企画と言葉の力で自主的に参加したくなるコンテンツの制作を得意とする。https://thinking.co.jp/


[画像8: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-558503-14.jpg ]

◆イマドキお仕事レアカード(4)
おもちゃクリエーター:高橋晋平氏
わくわくワークの生みの親。バンダイ時代には大ヒットおもちゃ『∞(むげん)プチプチ』開発に携わり、2013年にはTED×Tokyoで登壇。『民芸スタジアム』などヒット作多数。https://twitter.com/simpeiidea

[画像9: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-659564-15.jpg ]


◆イマドキお仕事レアカード(5)
フリーライター:ヨッピー氏
ネット上で“バズる”切り口での企画やライティングを得意とするフリーライター。様々な媒体への寄稿にとどまらず、活動領域は大手企業や官公庁など幅広い。https://twitter.com/yoppymodel


■商品概要
[画像10: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-203940-17.jpg ]



商品名:職業診断ゲーム わくわくワーク 
企画開発:高橋晋平・日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
発売日:2018年11月24日
価格:2,500円(税別)
販売場所:amazon、ロフト(予定)
対象年齢:7歳以上
対象人数:1人~5人
プレイ時間:10分~30分
セット内容:体験カード42枚、職業カード13枚、イベントカード5枚、お金チップ30枚、サイコロ2個、説明書

※専用サイト:https://www.f-academy.jp/wakuwakuwork/


■発売日前日11/23(金・祝) に小学生向けのゲーム体験イベントを開催!


発売を記念して『わくわくワーク』を実際に体験できるイベントを開催いたします。
[画像11: https://prtimes.jp/i/15329/73/resize/d15329-73-736542-18.jpg ]

■開催日時:2018年11月23日(金・祝)10:00-11:30(受付9:45~)
■開催場所:ファイナンシャルアカデミー新宿本校
■住所:東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿ビル9F
■参加対象:小学校1年生~6年生
■参加費用:特別価格3,000円(税別)
■定員:32名(先着順)
■参加特典:1.『職業診断ゲーム わくわくワーク』(定価2,500円・税別)をプレゼント 2.先行予約特典『イマドキお仕事レアカード』(非売品)をプレゼント
■申し込み:https://www.f-academy.jp/wakuwakuwork/

-------------------------


当校は発足以来のフィロソフィーである「すべての人に金融経済教育を」に基づき今後もより多くの方に「学んでよかった」と感じていただけるような金融経済教育の普及を目指してまいります。


■ファイナンシャルアカデミーとは
http://www.f-academy.jp/
お金の教養を身につけるための「総合マネースクール」です。2002年の創立以来、東京校・大阪校・NY校・WEB受講を通じて16年間で延べ48万人の方が、貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金から、資産運用、キャリア形成、人生と社会を豊かにするお金の使い方までを学んでいます。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース