サウナー専門のブランドTTNEが「SAUNACHELIN 2018」を発表!本場フィンランド式を体験できるウェルビー栄が1位を獲得

プレスリリース発表元企業:TTNE株式会社
TTNE PRO SAUNNER ロゴ

Saunner ラインナップ

Saunner ロゴ

サウナー(※1)によるサウナーのためのサウナー専門ブランド「TTNE PRO SAUNNER」を運営する、TTNE(ティーティーエヌイー)株式会社は、2018年11月11日の“ととのえの日(※2)”に、プロサウナー(※3)達の厳正な審査により選出された“今行くべき全国のサウナ施設”上位11位を表彰する、サウナ界のミシュラン【SAUNACHELIN(サウナシュラン) 2018】を発表しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/LL_img_170640_1.jpg
TTNE PRO SAUNNER ロゴ

<「TTNE PRO SAUNNER」とは>
TTNE株式会社は、福祉施設およびフィットネスクラブを経営し“ととのえ親方”と呼ばれる松尾大と、「東京ガールズコレクション」をはじめ、様々なイベントなどのプロデュースを手掛け、公益社団法人日本サウナ・スパ協会認定「サウナ・スパ健康アドバイザー」の資格も持つ、秋山大輔の2人が2017年に発足。
本場フィンランドを中心とする北欧を中心に5カ国11サウナを体験し、「“オジさん”イメージが強い日本のサウナに、北欧のように若者を中心に女性や子供など幅広い層に受け入れられるスタイリッシュにデザインされたサウナ文化を根付かせたい」、「サーファーにサーファーブランドがあるように、サウナーにもサウナーブランドを創りたい」(秋山)という想いからブランドを立ち上げました。
11月11日をサウナの記念日「ととのえの日」に制定(日本記念日協会認定)。シンプル&スタイリッシュな「Saunner」ロゴデザインによるファッションやグッズを販売。( https://www.ttne.co )

実業家、料理家、ITクリエイターなど、現代の日本で心身ともに最も“ハード&クリエイティブ”な活動を展開する人々とともに様々なサウナイベントの開催を通じて、日本におけるサウナのリブランディングを目指します。

TTNEが生み出す“サウナーファッション”は、サウナーの間で人気沸騰中。
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_2.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_3.jpg

本場フィンランド式サウナを広め、フェス感覚でおしゃれな楽しいサウナ体験を啓もうするTTNEプロデュースの「アウトドアサウナイベント」は、申し込み殺到の人気イベントとなっています。
*写真は2017年で開催の「CORONA WINTER SAUNA」
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_4.jpg


<SAUNACHELIN(サウナシュラン) 2018>
TTNEが2018年より主宰。(今年は第1回目となります)
TTNEのサウナ啓もう活動に賛同する様々な業界の「プロサウナー」が審査委員となり、全国に5,000施設ともいわれるサウナ施設の中から、単に良いサウナ室がある施設という観点だけでなく、水風呂・休憩(外気浴)スペース・サービス(ホスピタリティ)・男女の有無・料金設定・清潔性・エンタテイメント性・革新性など、多様な視点で11施設をノミネート。
既存の枠にとらわれず、新しい試みにより「我慢、辛い、オジさん」のような従来の日本のサウナイメージに一石を投じ、新たなサウナの価値を導き出し、サウナ愛を通じてより多くのサウナーをととのえた(※4)、革新的なサウナ施設を、“今行くべき全国のサウナ施設”としてランキング・表彰します。
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_5.jpg

●第1位 ウェルビー栄(愛知/名古屋)
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_6.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_7.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_8.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_9.jpg
評価ポイント
サウナ業界を牽引してきたウェルビーの真骨頂ともいえる、まさに本場フィンランドのサウナ体験ができるつくりになっている。森の中のサウナ小屋を体験できる「森のサウナ」、冷たい外気と湖を体感できる水風呂「アイスサウナ」、白樺の木々に囲われた「湖のほとり」の休憩スペースなど、サウナ・水風呂・休憩スペースのどこをとっても申し分ない。

●第2位 湯らっくす(熊本/熊本)
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_10.jpg
今年最もサウナーの間で話題となった171cmの日本一深い水風呂やメディテーションサウナが魅力。

●第3位 ニューウイング(東京/墨田)
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_15.jpg
WET&MILDで優しいボナサウナとキンキンに冷えた大型の水風呂(通称:プール)、室内に送風機を設置し外気浴の感覚を味わえる休憩スペース(通称:風の滝)などが魅力。

●第4位 ニコーリフレ(北海道/札幌)
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_16.png
「1.2.サウナー」の掛け声でサウナ室全体が一丸となるロウリュが人気。北海道震災時に施設を無料開放することで「サウナ」の社会貢献価値を啓発したことも評価ポイント。

●第5位 marushin spa(マルシンスパ)(東京/渋谷)
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_17.jpg
天空のアジトと呼ばれ、都内随一の外気浴スペースを有し、様々な経営者や著名人の「サウナー」誕生に貢献。

●受賞施設一覧(ランキング順)
1.ウェルビー栄(愛知/名古屋)
2.湯らっくす(熊本/ 熊本)
3.ニューウイング(東京/墨田)
4.ニコーリフレ(北海道/札幌)
5.マルシンスパ(東京/渋谷)
6.Times Spa RESTA(東京/豊島)
7.スカイスパYOKOHAMA(神奈川/横浜)
8.豊島園 庭の湯(東京/豊島)
9.舞浜ユーラシア(千葉/浦安)
10.THERMAL SPA S.WAVE(神奈川/大磯)
11.IZBA(福岡/宗像)

「SAUNACHELIN 2018」受賞情報は公式サイトにて公開します。
( http://www.saunachelin.com/ )


TTNE株式会社は、「SAUNACHELIN 2018」を通じて、全国のサウナ施設が様々なアイデアやチャレンジにより積極的に、果敢に挑戦してくれるきっかけとなることを目指し、また、このような全国の施設の活性化が、日本のサウナ市場の進化につながってくれることを切に願っています。(松尾・秋山 共通談)


<Saunner of the Year(サウナー オブ ザ イヤー)2018>
TTNE株式会社では、同日、サウナで汗をかくだけに留まらず、プロサウナーとしてサウナのために汗をかき、サウナ啓もう活動に貢献した11名を表彰する【Saunner of the Year(サウナー オブ ザ イヤー)2018】も発表。
受賞者には、漫画「サ道」を通じてサウナ体験を言語化し、より多くの人に「ととのう」という感覚をひろめたタナカカツキ氏や、サウナ施設のプロデュースで活躍したサウナ王、今年ローンチされ大きな話題となったサウナ検索サイトの“サウナイキタイ”、企業として福利厚生に“サウナ保障制度”を取り入れたTABI LABO、商品プロモーションにいち早くサウナを取り入れたコロナビールやヤマハ発動機など、個人だけではなくメディアや企業など、幅広いジャンルのプロサウナーたちがノミネートされました。
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_11.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_12.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_13.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/170640/img_170640_14.jpg

●受賞者一覧(順不同)
1.タナカカツキ(漫画家 マンガ サ道)
2.サウナ王(温浴施設コンサル)
3.笹野美紀恵(女性プロサウナー)
4.エレガント渡会(熱波師)
5.TABI LABO(インターネットメディア)
6.サウナイキタイ(サウナ検索サイト)
7.SAUNATIME(サウナメディア)
8.Sauna Camp(サウナイベント団体)
9.TENT SAUNA PARTY(サウナイベント団体)
10.Corona Extra(ビールメーカー)
11.ヤマハ発動機(バイクメーカー)

●備考
「SAUNACHELIN(サウナシュラン)」は、TTNEによる造語です。
また、「SAUNACHELIN(サウナシュラン)」、「Saunner of the Year(サウナー オブ ザ イヤー)」の受賞施設・受賞者は、いずれも、主宰であるTTNEとその理念活動に賛同・共感する方々が「ノミネート=推薦」するものであり、その選定・審査については外部組織・団体などの評価基準などに依らない独自のものです。

●用語紹介
・サウナー※1 :サウナが大好きで、サウナで汗を掻くことを日課とする人のこと。
・ととのえの日※2 :日本記念日協会にて、より多くの人にサウナでの「ととのえ」体験を通して健やかに過ごしてもらうことが目的で、「1」がきれいに4つ並び1年でいちばんととのった日と思われる11月11日に制定された。
・プロサウナー※3 :サウナで汗を掻くだけにとどまらず、サウナのために汗を流し普及活動するサウナーのこと。決して長い時間サウナに入れるサウナーのことではない。
・ととのえ(ととのう)※4 :サウナ浴により心身ともに健康になった状態をサウナ用語で「ととのう(ととのえる)」 という。


<TTNE PRO SAUNNER>
【SAUNACHELIN 2018】を記念して、見事5位にランクインした東京・笹塚のマルシンスパと限定のコラボレーションTシャツを制作し、店頭にて先行限定発売し、少しでも多くの方にサウナに行ってもらう店頭誘引企画や、ととのえの日を記念して新作デザインなどが発表され、「TTNE PRO SAUNNER OFFICIAL ONLINE STORE( https://www.ttne.co )」にて、随時販売を予定しています。

●SAUNACHELIN 2018 記念モデル
SAUNACHELIN 2018 記念モデル マルシンスパ コラボレーションTEE ¥6,000- (税別)
※Saunnerロゴのグラフィックが、マルシンスパのサウナストーンになっている。

●ととのえの日 記念モデル
ととのえの日を記念した新作デザインのロングTシャツ ¥7,000- (税別)
Sauna(サウナ)、Water(水風呂)、Wind(外気浴)、Repeat(繰り返し)のメッセージをバックプリント。
※白と黒あり


<TTNE 主宰者 紹介>
●ととのえ親方 / 松尾大(マツオ ダイ)
プロサウナー / サウナーブランド「TTNE PRO SAUNNER」
サウナ同好会主宰 / プロととのえ師 / サウナビルダー
世界各地のサウナを渡り歩き、アリゾナの山奥で単身5日間断食断水後のサウナを経験。その後、海、川、湖、滝、なんと流氷まで水風呂がわりにしてしまうナチュラル派プロサウナーの道へ。
現在、サウナに関する番組、CM、イベント、などのプロデュースなどに関わる。
北海道洞爺湖のほとりのにプライベートサウナを設営、企業経営者や有名飲食店オーナー、鬱病患者など、彼のサウナ談義を聞いてハマってしまう人が続出。ととのえ親方の愛称で親しまれる。

●サウナ師匠 / 秋山大輔(アキヤマダイスケ)
プロサウナー / サウナーブランド「TTNE PRO SAUNNER」
Sauna Spa Wellness Advisor / プロ熱波師 / サウナビルダー
20代よりサウナに興味を持ち、国内外の様々なサウナを経験。
ととのえ親方と出会い、2人でサウナの母国フィンランドをはじめ、北欧を中心とする5カ国11サウナを体験するサウナトリップを敢行。
本場のサウナを知ることで、サウナに対する固定観念が覆され可能性を感じ、帰国後すぐに、サウナー専門ブランドの立ち上げ、記念日制定、サウナイベントプロデュースなど、サウナ関連のプロジェクトを次々に仕掛ける。
サウナの素晴らしさを日本中に伝えるべく、日々サウナ布教活動に邁進中。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

財経アクセスランキング

広告