2019年度の学年別移行措置がひと目でわかる!!『新学習指導要領・移行措置Q&A』ハンドブック発行 ~「見方・考え方」「主体的・対話的で深い学び」の解説付き~

プレスリリース発表元企業:特定非営利活動法人 全国初等教育研究会
『新学習指導要領・移行措置Q&A』ハンドブック

特定非営利活動法人 全国初等教育研究会(所在地:東京都豊島区、理事長:堀田 龍也、以下 JEES)は、小学校で2020年度から全面実施される新学習指導要領と、2019年度の移行措置について解説したハンドブックを、2018年11月に発行いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169783/LL_img_169783_1.jpg
『新学習指導要領・移行措置Q&A』ハンドブック

『新学習指導要領・移行措置Q&A』詳細ページ: http://jees.jp/r/qa2/


■背景
2020年度からの新学習指導要領全面実施を目前に控え、すでに2018年度から移行措置が始まっています。JEESではこれまで新学習指導要領をテーマとして、シンポジウムやセミナーの開催、フリーマガジン『wutan』の発行等、先生方への情報発信を行ってきました。このような中、移行措置の内容や新学習指導要領の基本的な考え方、授業での実施方法等をQ&A形式でわかりやすく解説したハンドブック『移行措置・新学習指導要領Q&A』を昨年11月に発行し、たくさんの先生方からお申込みをいただきました。
昨年の反響をうけ、今年は新学習指導要領で求められている「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善の視点や、「見方・考え方」について等の解説を充実させ、2019年度の移行措置の内容にあわせて改定したQ&A形式のハンドブックを発行することにいたしました。


■内容
○新学習指導要領について
「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指す授業改善の視点や進める上で留意すること、プログラミング教育のねらい、「評価」の観点の変更点等がわかりやすく解説されています。

○移行措置について
2019年度の移行期間中に何をすればよいか、学年別に具体的な変更点がまとめられています。担当学年を見れば移行期間中の留意事項を教科ごとに把握することができます。

○[新学習指導要領解説]
東京学芸大学 高橋 純准教授が新学習指導要領をわかりやすく解説。新学習指導要領の重要なキーワードの一つである「見方・考え方」や「主体的・対話的で深い学び」を読み解いていきます。
*『wutan』(2017年2学期号、3学期号、2018年1学期号、2学期号)に掲載したものを一部変更して転載。


■概要
書名:『新学習指導要領・移行措置Q&A』
仕様:B5判/24ページ/2色刷
価格:無料


■入手方法
下記応募フォームからお申し込みいただくか、お近くのJEES地域サポート会員までお問い合わせください。
数に限りがございますので、なくなり次第終了とさせていただきます。

*応募フォーム http://jees.jp/r/qa2/form.html
*JEES地域サポート会員リスト http://jees.jp/company/support/


■関連情報
○小学校教員向けフリーマガジン『wutan(ウータン)』
『wutan』は、先生方の今知りたいことをわかりやすくお伝えする小学校教員向けフリーマガジンです。
本年度は新学習指導要領が示す授業を実現するための算数科・社会科の授業づくりを、各号巻頭特集としてわかりやすくまとめています。
・2018年1学期号(Vol.39)「子どもたちの『資質・能力』を育む算数科の授業づくりとは」
・2018年2学期号(Vol.40)「社会科の授業づくりに学ぶ!『見方・考え方』をどう育むか」

*『wutan』バックナンバーのお申込みはこちら
http://wutan.jp/backnumber.html

*『wutan』無料定期購読も受け付けております
https://wutan.jp/form/subscription/

○教育セミナー
・第11回JEES教育セミナー(11月3日開催)
『見方・考え方』を育む授業づくり実践講座
~社会科授業づくりのポイント~
http://jees.jp/activity/detail/2018/1103.html
*定員に達したため受付終了いたしました。

・JEES×佐藤 正寿先生 教育セミナー(2019年2月仙台、3月札幌開催予定)


■法人概要
商号 : 特定非営利活動法人 全国初等教育研究会(NPO法人 JEES)
代表 : 理事長 堀田 龍也(東北大学大学院 教授)
所在地 : 〒170-0013 東京都豊島区東池袋4丁目21番1号 アウルタワー2階
設立 : 2012年12月
事業内容: 1.学校・教育委員会が主催する研修会・講演会などへの協力・支援事業
2.教育研究会・教育サークル支援活動、教員向けセミナーの開催及び支援事業
3.学校及び教員を支援する無料情報誌の発行事業
4.各種学校教材の調査・分析に基づく良質な教材開発事業
5.その他、目的を達成するために必要な事業
URL : http://jees.jp/


【お問い合わせ先】
JEES事務局(教育同人社内) 山田・磯崎
電話番号 : 03-3971-5152
お問い合わせフォーム: http://jees.jp/contact/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース