銀のスプーン(R) 三ッ星グルメ発売10周年感謝キャンペーンでオリジナルの「いたずらBANK」が当たる!?

プレスリリース発表元企業:株式会社シャイン
キャンペーンオリジナルいたずらBANK

キャンペーン画像

三ツ星グルメキャンペーン対象商品

ニューヨーク近代美術館のMoMAストアでの取扱い商品に選ばれた「いたずらBANK」を製造している株式会社シャイン(所在地:東京都中央区、代表取締役:鈴木 輝夫)は、ユニ・チャーム社「銀のスプーン(R) 三ッ星グルメ」の発売10周年感謝キャンペーンの景品として、オリジナルの「いたずらBANK」を製作いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169577/LL_img_169577_1.png
キャンペーンオリジナルいたずらBANK


■ユニ・チャーム 銀のスプーン(R) 三ッ星グルメ「贅沢グルメキャンペーン」とは
ユニ・チャームでは発売10周年を迎えるキャットフード「銀のスプーン(R) 三ッ星グルメ」の消費者に感謝を込めたキャンペーンを実施いたします。

対象は銀のスプーン(R) 三ッ星グルメブランド 全商品です。
※銀のスプーンドライ、ウェット、副食は除きます。

キャンペーンの応募期間は2018年11月1日(木)~12月27日(木)となります。
※応募締め切り2018年12月27日(木)当日消印有効です。

商品を購入した応募者に「ネコちゃんと飼い主様双方が喜ぶものをプレゼント」という事で、500円以上購入で応募された方21名に約10,000円相当の季節のグルメセットが、100円以上購入で応募された方200名にオリジナルの「いたずらBANK」がプレゼントされます。


■『いたずらBANK』の特長
2009年に発売された「いたずらBANK」はシリーズ累計70万個を超えるロングセラーです。
ダンボール箱を思わせる箱の上の皿にコインを置くと、ネコが鳴きながら顔を覗かせてコインを持っていくというものです。
そのユニークさと可愛さから老若男女問わず支持されるだけではなく、ネットでは飼いネコが遊ぶ様子が可愛いと話題になっています。
ニューヨーク近代美術館のMoMAデザインストアでも取り扱いをされるなど、海外でも評価が高く、そのため偽物も数多く出回っています。

「みけねこ」「とらねこ」「アメショ」「パンダ」が発売されており、その後、進化発展を遂げた「イヌ」のタイプや、多くのキャラクターシリーズも発売され、好評を博しています。

今回キャンペーンのために制作したオリジナル「いたずらBANK」は、銀のスプーンを思わせる赤い箱から、同商品のイメージキャラクターである「ラグドール」という種類のネコが箱から出てきてコインを持っていくというものです。
動きや鳴き声など、市販の「いたずらBANK」と全く同様の製品です。


キャンペーンサイトURL
http://pet.unicharm.co.jp/ginnospoon/mitsuboshi-10thcp


■『NewいたずらBANK』概要
商品名 :NewいたずらBANK(みけねこ、とらねこ、アメショ、パンダ)
発売日 :発売中
価格 :税別2,300円(税込 2,484円)
販売 :国内の玩具・雑貨取扱いの販売店、販売サイト
商品サイズ:W120mm×H95mm×D100mm
使用電源 :アルカリ単三電池2本(別売)
対象年齢 :6歳以上

※日本で使用されている全ての硬貨に対応しています。
コインは500円硬貨で約40枚収納可能です。


■株式会社シャインについて
-「造る」から「創る」へ-をテーマに、既成概念にとらわれず、企画から製造まで一貫した流れの中で、常に新しさを想像することを大切に、メカトロニクス技術を核としたアミューズメント機器・玩具・雑貨の企画・開発・海外生産・検品~納品、また、オリジナル商品の製造販売を行っております。

商号 : 株式会社シャイン
所在地 : 〒103-0004 東京都中央区東日本橋1-9-5 シャインビル
代表者 : 代表取締役 鈴木 輝夫
所要業務: メカトロニクス技術を核としたアミューズメント機器、玩具、
雑貨の企画、開発、海外生産、検品、納品業務、
オリジナル商品の製造販売
URL : http://www.shine-jp.com/index.html
Twitter : https://twitter.com/shine_neko_
FaceBook: https://www.facebook.com/ItazuraBank/
YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCnu03Mn-QHw3EBNPi4tvJJw


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース