第31回 Ponta消費意識調査 2018年10月 - 冬のボーナスの使い道に「貯金・預金」が5年連続1位「貯金・預金」したい人では、56.8%が半分以上の額を預貯金 -

プレスリリース発表元企業:株式会社ロイヤリティ マーケティング

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第31回 Ponta消費意識調査 2018年10月」を「Pontaリサーチ」にて実施いたしましたので、ご報告いたします。




<節約志向>

消費者の節約志向
-「節約したい」派は67.2%となり、前回調査より4.1ポイント減少


<ポイントサービスの利用意向>

ポイントの活用意識と節約志向
- 「節約したい」派では、ポイントを「いまつかいたい」が42.1%と最も高く
 「節約したくない」派では、「分からない・決まっていない」が47.5%と最も高い
  「節約したい」派に高いポイント活用意識が伺える


<消費者意識>

「冬のボーナス」の使い道
- 冬のボーナスの使い道に「貯金・預金」が37.3%となり、5年連続1位
 「支給されない・分からない」が過去最高の46.2%

冬のボーナスの「貯金・預金」の用途
- 冬のボーナスの「貯金・預金」の用途、59.8%が「決めていない」

冬のボーナスの「貯金・預金」の用途詳細
- 冬のボーナスの「貯金・預金」の用途では、「老後の生活への備え」が58.8%と最多
  次いで「将来の消費への備え」が53.2%で続く

冬のボーナスの「貯金・預金」の用途詳細(年代別)
- 20代・30代は「将来の消費への備え」、 40代・50代・60代以上は「老後の生活への備え」が最多

冬のボーナスの「貯金・預金」の割合
- 冬のボーナスの支給金額の半分以上を「貯金・預金」したい人は、56.8%


※調査結果詳細は下記PDFをご参照ください。
https://www.loyalty.co.jp/storages/pdf/181030_3.pdf


<調査概要>
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2018年10月2日(火)~ 10月8日(月)
パネル  : 「Pontaリサーチ」会員(Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をして頂いている方)
回答者数: 3,000人 男性、女性×年代別(20・30・40・50・60代以上)の各10セルで300サンプル
※回答は小数点第2位を四捨五入しています。

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「Pontaリサーチ」調べ”とクレジットを記載していただけますようお願い申し上げます。

LMは、「Ponta」の「便利・おトク・楽しい」世界が、いつでもどこでも広がる生活密着型サービスを提供しています。
[画像: https://prtimes.jp/i/4376/339/resize/d4376-339-720631-0.jpg ]


PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース