有力出版社8社と教科書供給会社29社で全国の小中高等学校に「電子書籍の定額制読書サービス」を来年4月から有料(最低価格28,800円/年/41ライセンス)で提供します。

プレスリリース発表元企業:eライブラリー有限責任事業組合



 eライブラリー有限責任事業組合(東京都千代田区/組合員 岩手教科図書株式会社 職務執行者 玉山哲)は、学校教科書や教材を中心に事業を行っている教科書供給会社の有志企業が集まり開発した、小中高等学校向けの電子書籍サービス「スクール イー ライブラリー(School e-Library)」(商標登録出願中)を2019年4月より開始します。

 企画に賛同した出版社8社は、サブスクリプションモデル※1での書籍提供の協力について同意し、原作者の了解を得る事で実現しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/38124/1/resize/d38124-1-283758-0.jpg ]



 近年、こどもたちの読解力や表現力の低下が問われておりますが、読書する機会を増やす事、読書したくなる機会を増やすことを目指しています。
全国の子どもたちへ、新しいサービスでより多くの本に接する機会を提供いたします。※2

・常時少しずつ入れ替わる1000冊の本が読書可能です。
・一つの学校に28800円/年で41IDをご提供、1クラスが同時に同じ本を読めます。
 ひとつの学級が一度に同じ本を読むことができる41ライセンス(生徒40名+先生)を提供します。
・利用対象は全国の小中高等学校です。
 個人や一般企業・大学・公共図書館などへのはサービスを提供する予定はありません。

※1 サブスクリプションモデル:提供する商品やサービスの数ではなく、利用期間に対して対価を支払う方式。多くの場合「定額制」と同じ意味で用いられています。
音楽などのコンテンツ配信サービスにおいて用いられ、1曲ごとに販売・課金する方式ではなく、月額で定額料金を支払えば、その期間内は音楽をいくらでも自由に聴ける、といった利用形態となります。

※2 毎年多くの書店が減っており、20世紀には2万以上あった書店がいまでは1万2千店ほどにまで減り続け、本に出合う場所が減っています。全国の400以上の市町村には書店が1件もありません。


eライブラリー有限責任事業組合参加企業一覧
・北海道教科書供給所、青森県図書教育用品、岩手教科図書、秋田協同書籍、宮城県教科書供給所、山形県教科書供給所、福島県教科用図書販売所、群馬県教科書販売、茨城県教科書販売、千葉県教科書販売、東京都三多摩教科書供給、長野県教科書供給所、福井県教科書供給所、静岡教科書、愛知県教科書特約供給所、岐阜県教販、三重県教科書特約供給所、滋賀教科図書販売、京都府教科図書販売、和歌山県教科書販売、兵庫県教科書、大阪教科書、岡山県教科図書販売、広島県教科用図書販売、山口教科書供給、鳥取県教科図書販売、島根県教科図書販売、宮崎県教科図書販売、沖縄県教科書供給 以上29社

・岩波書店、偕成社、学研プラス、河出書房新社、講談社、集英社、フレーベル館、ポプラ社 以上8社

・図書印刷

合計38社(10月10日現在)

お問い合わせ先
eライブラリー有限責任事業組合
E-mail elib-mail@s-elibrary.com

[画像2: https://prtimes.jp/i/38124/1/resize/d38124-1-327905-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/38124/1/resize/d38124-1-533653-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/38124/1/resize/d38124-1-604689-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/38124/1/resize/d38124-1-265438-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/38124/1/resize/d38124-1-634740-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/38124/1/resize/d38124-1-850880-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/38124/1/resize/d38124-1-184704-7.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/38124/1/resize/d38124-1-810934-8.jpg ]


PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース