ESG投資促進で社会的起業を支援し、日本型イノベーションを実現大企業発のベンチャー育成プログラム始動

プレスリリース発表元企業:株式会社フェニクシー
Phoenixi プログラム概要

インキュベータ完成図

株式会社フェニクシー(本社:京都市中京区、社長:橋寺由紀子、以下 フェニクシー)は、京都市左京区にレジデンス付き異業種連携インキュベータ(以下 インキュベータ)を開設し、2019年6月より第一期インキュベーションプログラム(以下 プログラム)を開始します。大企業在籍者の新規事業開発・起業を多面的に支援し、社会的課題解決に繋がる事業の増加とESG投資のひとつであるインパクト投資を促進する21世紀型ビジネスモデルを実現し、ユニコーン・ベンチャーの創出に貢献します。本プロジェクトには、日本を代表する起業家であり投資家である久能祐子氏、松本大氏、鎌田富久氏、数多くの大手企業の社外取締役を務める小林いずみ氏が参画します。

本プログラムでは、環境やエネルギー問題、地球規模の気候変動がもたらす災害への対応、少子高齢化に伴う地域格差など私たちをとりまく様々な社会的課題をビジネスチャンスとしてとらえ、その解決に通じる新しい事業の創出を目指します。大企業の優れた人材が在籍したまま起業できる寛容で高密度な共創の場を提供し、起業を通じてイノベーションの可能性と確度を高めることを目的としています。居住を共にしながら事業アイディアを育成する4カ月間のインキュベーション期間と、事業運営を小スケールで行う半年程度のパイロット期間、その後の評価期間にわかれています。
インキュベーション期間の終了時に行われるピッチイベントにおいて基準をクリアした事業及び参加者は、ベンチャーキャピタルやインパクトファンドからの投資を受け、所属企業内での事業化や起業にチャレンジする機会を獲得することになります。

近年米国や中国ではユニコーンと呼ばれる企業価値10億ドル以上の未公開企業が続々と登場し、短期間で高い企業価値を持つ会社に成長しています。このプログラムは企業内に潜在するアイディアや人材に対して、イノベーションを創出しやすい多様性のある環境を提供し、事業の立上げを通貫でサポートすることで、ユニコーンの創出や次世代の起業へとつなげる好循環を生み出すことを目指す日本初の取組みです。企業、大学、地域、行政、起業経験者そして起業を目指す人たちがゆるやかな連携を維持しながら、イノベーションと社会的インパクトを生み出し、そこから新たなアウトカムが循環していく仕組み、ビジネスエコシステムの創造を目指しています。
わたしたちの活動が生みだす社会的インパクトをより多くの分野に応用できるよう、インパクト評価のための指標作りを進め、インパクト投資の促進や規模拡大のためのネットワークづくりも進めてまいります。

▼第一期インキュベーションプログラム参加企業
味の素株式会社、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、ダイキン工業株式会社、東京海上ホールディングス株式会社、NISSHA株式会社、富士フイルム株式会社、株式会社三菱ケミカルホールディングス

▼プログラム協力
京都大学経営管理大学院グローバル社会起業講座、京都大学大学院総合生存学館
Halcyon Incubator
株式会社三菱総合研究所

▼参加者の利点
企業に所属しながら自己実現・社会的課題の解決に関わる機会
起業や新規事業開発に伴う経験やスキルの獲得
グローバル・ビジネスに対応する英語スキルの獲得

▼参加企業の利点
既存の価値観や社内文化と切り離された共創環境での新規事業開発の機会
投資家視点を有する経営人材の育成
他企業のプロジェクトへの投資機会

▼プログラム概要
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168894/img_168894_1.png

▼インキュベータ完成図
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/168894/img_168894_2.png

<参加企業からのコメント>(五十音順)
ダイキン工業株式会社
ダイキン工業では、これまで「空調」「化学」「フィルタ」を3つの柱にグローバルに事業を展開する中で、省エネ技術や製品の世界への普及を推進し、地球環境課題などの社会課題の解決に取り組んできました。
今後、気候変動や人口構造の変化等に伴う課題の深刻化が予想される中、持続可能なグローバル社会実現のために、環境負荷を低減しながら、人と空間を健康で快適にする新しい価値を提供することが求められており、これらを牽引するイノベーション人材の育成が急務となっています。本プロジェクトから世界に影響を与える人材や企業が生まれることを強く期待しています。

富士フイルム株式会社
富士フイルムは、持続可能な開発目標(SDGs)に沿って「環境」「健康」「生活」「働き方」を重点4分野として設定し、イメージング、ヘルスケア、高機能材料などの領域で革新的技術・製品・サービスの提供を通じて、社会課題の解決に取り組んでいます。
今回開始される日本初のプログラムへの参画により、写真フイルムなどで培い、さらに進化させてきた当社の多様な技術を活かした新規事業を創出することで「新たな価値」を提供していきます。さらに本プログラムを通じて、企業発のイノベーションが活性化されることを期待します。

■株式会社フェニクシーについて
名 称:株式会社フェニクシー(Phoenixi. Co., Ltd.)
代表者:代表取締役社長 橋寺 由紀子
所在地:京都市中京区河原町通二条下る二丁目下丸屋町403番地
設 立:2018年3月
事業内容:新規事業創出のための支援
起業または創業のためのコンサルティング
レジデンス付きインキュベータの運営(2019年6月開設予定)
インパクトファンドの運営(2019年10月立上げ予定)
資本金: 1980万円(資本準備金を含む)
ミッション:個人・組織・社会の持つあらゆる創造性が結集するリスクに寛容な場を提供し、社会起業とインパクト投資の促進を通じてより良い社会の構築を目指す
URL:http://www.phoenixi.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース