ブライソン、ゼンリンデータコムとSDL対応『いつもNAVI』デモ機を共同開発

プレスリリース発表元企業:ブライソン株式会社
基本構成図

ブライソン株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役社長:橋満 士郎、以下:ブライソン)は株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水 辰彦、以下:ゼンリンデータコム)とスマートフォンとクルマとをつなげるオープンソース「スマートデバイスリンク」(以下、SDL)による、車載器とスマホナビアプリ連携のデモ機を開発いたしました。

ブライソンは車載器開発および、SDLコンソーシアムメンバーとして最新仕様に基づくコンサルティングを担当しました。
ゼンリンデータコムは、同社が展開するスマートフォン向けナビアプリケーション『いつもNAVI』へSDL連携機能を追加しました。
これにより同社の持つ位置・情報サービスをSDLを介してクルマで利用頂ける環境を整えました。
両社は今後とも、SDLをはじめ、新たな接続規格に対応した魅力あるサービス、情報コンテンツを多くのユーザーへ提供してまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168711/LL_img_168711_1.png
基本構成図

◆デモ機構成
車載向けSoC
車載OS:Linux
スマートフォンOS:Android
連携方式:USB、Wi-Fi Direct


◆機能
(1)接続経路
USB/Wi-Fi Directに対応。
(2)映像転送
「いつもNAVI」から地図画像をストリーム転送し、車載向けSoCに接続されたディスプレイに表示。
(3)音声転送
「いつもNAVI」から割り込み音声をストリーム転送し、車載向けSoCに接続されたスピーカーから鳴動。
(4)タッチイベント通知
車載向けSoCに接続されたタッチパネルディスプレイを用い、「いつもNAVI」を操作。


◆商標について
・「いつもNAVI」は、株式会社ゼンリンデータコムの登録商標です。
・SmartDeviceLinkは、SmartDeviceLinkConsortiumの商標、または登録商標です。
・Wi-Fi、Wi-Fi Directは、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
・Androidは、Google LLCの商標、または登録商標です。
・Linux、リナックスはLinus Torvalds氏の米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。


【ブライソン株式会社】
URL: https://www.brison-inc.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース