ブライソン、ゼンリンデータコムとSDL対応『いつもNAVI』デモ機を共同開発

プレスリリース発表元企業:ブライソン株式会社
基本構成図

ブライソン株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役社長:橋満 士郎、以下:ブライソン)は株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水 辰彦、以下:ゼンリンデータコム)とスマートフォンとクルマとをつなげるオープンソース「スマートデバイスリンク」(以下、SDL)による、車載器とスマホナビアプリ連携のデモ機を開発いたしました。

ブライソンは車載器開発および、SDLコンソーシアムメンバーとして最新仕様に基づくコンサルティングを担当しました。
ゼンリンデータコムは、同社が展開するスマートフォン向けナビアプリケーション『いつもNAVI』へSDL連携機能を追加しました。
これにより同社の持つ位置・情報サービスをSDLを介してクルマで利用頂ける環境を整えました。
両社は今後とも、SDLをはじめ、新たな接続規格に対応した魅力あるサービス、情報コンテンツを多くのユーザーへ提供してまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168711/LL_img_168711_1.png
基本構成図

◆デモ機構成
車載向けSoC
車載OS:Linux
スマートフォンOS:Android
連携方式:USB、Wi-Fi Direct


◆機能
(1)接続経路
USB/Wi-Fi Directに対応。
(2)映像転送
「いつもNAVI」から地図画像をストリーム転送し、車載向けSoCに接続されたディスプレイに表示。
(3)音声転送
「いつもNAVI」から割り込み音声をストリーム転送し、車載向けSoCに接続されたスピーカーから鳴動。
(4)タッチイベント通知
車載向けSoCに接続されたタッチパネルディスプレイを用い、「いつもNAVI」を操作。


◆商標について
・「いつもNAVI」は、株式会社ゼンリンデータコムの登録商標です。
・SmartDeviceLinkは、SmartDeviceLinkConsortiumの商標、または登録商標です。
・Wi-Fi、Wi-Fi Directは、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
・Androidは、Google LLCの商標、または登録商標です。
・Linux、リナックスはLinus Torvalds氏の米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。


【ブライソン株式会社】
URL: https://www.brison-inc.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース