webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】10/8-10/14ウィークリーランキング 続々スタートする秋ドラマで「獣になれない私たち」「今日から俺は!!」が上位に

プレスリリース発表元企業:株式会社KADOKAWA

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、webサイト「ザテレビジョン」にて、【視聴熱】ウィークリーランキング(対象期間=10月8日~10月14日)を発表しました。【視聴熱】はSNSや独自調査を集計し、盛り上がり度=“熱”をポイント(pt)として算出。今熱い番組からテレビの流行に迫る新指標です。
【視聴熱】サイト:https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/



[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/5107/resize/d7006-5107-430869-0.jpg ]

【ドラマランキング】
1位 まんぷく/2位 獣になれない私たち/3位 今日から俺は!!

[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/5107/resize/d7006-5107-671249-1.jpg ]

 第1位 まんぷく(74,831pt)…10月8日から13日にかけて、第2週が放送された連続テレビ小説「まんぷく」が第1位にランクイン。福子(安藤サクラ)の姉・咲(内田有紀)が結核の専門病院に入院し、咲が治るまで萬平(長谷川博己)と会わないことにした福子は、萬平に送った手紙で、感謝と会える日を待ち望む気持ちをつづった。萬平がその手紙を繰り返し読む姿もあり、SNSには、現代では機会が少なくなった手紙でのコミュニケーションの良さを感じるつぶやきが続出。しかし、周囲の願いもむなしく咲は亡くなり、その残酷な展開と咲との別れを嘆く声が上がった。また、13日の放送では、突然踏み込んできた憲兵隊によって、萬平が軍事物資の横領、横流しの容疑で軍に連行されてしまう。厳しい局面の連続に、視聴者からは福子と萬平の幸せな未来を願うコメントが寄せられた。

 第2位 獣になれない私たち(57,291pt)…新垣結衣、松田龍平がW主演し、脚本家・野木亜紀子によるオリジナルストーリーが10月10日にスタート。現代のリアルな問題が共感を呼び、高ポイントを獲得するスタートとなった。IT系企業に勤める晶(新垣)は、常に笑顔で仕事は完璧だったが、全方位に気を遣いすぎてばかりの毎日。プライベートでは、4年付き合う恋人の京谷(田中圭)がいるものの、結婚に向けて具体的な進展はなかった。同僚のフォローで振り回されてしまう晶の姿に「見ていて苦しくなった」「突き刺さる」などの感想が続々と寄せられた。パワハラ、セクハラ、マリッジブルーなどさまざまなテーマが描かれ「自分のことかと思った」と晶に共感する声が続出。公式サイトでは「ラブかもしれないストーリー」と紹介されており、晶と恒星(松田)の関係も含め、今後に期待する声が多く上がっている。

 第3位 今日から俺は!!(48,000pt)…西森博之の同名漫画を福田雄一の脚本・演出、賀来賢人主演でドラマ化。1980年代を舞台にツッパリ高校生たちが巻き起こすコメディーで、10月14日に第1話が放送された。転校を機に金髪パーマにイメチェンし、生粋のツッパリを装って転校デビューを決意した三橋(賀来賢人)。登校初日、同じく転校生として現れたトゲトゲ頭のツッパリ・伊藤(伊藤健太郎)も転校デビューを狙う同類だった。そんな2人は思いがけず不良たちに勝利し、互いの秘密をにぎり合いながら相棒となることを約束する。ゲスト出演が発表されていた小栗旬が、三橋と伊藤の髪を手掛ける理容師として冒頭で早々に登場して驚きに沸く中、ムロツヨシ、佐藤二朗ら福田組おなじみのメンバーが演じる強烈キャラが続々と笑いを誘った。賀来は放送後に自信のTwitterを更新し、視聴者への感謝と共に「これからどんどん面白くなります!!」とPR。視聴者からも三橋と伊藤のコンビに期待する声が高まっている。

【バラエティーランキング】
1位 ザ!世界仰天ニュース/2位 ダウンタウンなう/3位 嵐にしやがれ

[画像3: https://prtimes.jp/i/7006/5107/resize/d7006-5107-718628-2.jpg ]

 第1位 ザ!世界仰天ニュース(32,107pt)…10月9日に「なぜあの凶悪事件は起きたのか?危険な食べ物&身近な大爆発!!命の危機4時間SP」を放送。ハイパワーミキサーの爆発事故、カンピロバクターによる食中毒、松本サリン事件、仰天チェンジなどが紹介された。また、今年3月の3時間SP生放送中に行った番組公式Twitterのフォロワー数達成による“約束”を実行する様子が話題に。フォロワー数が30万人を達成したことにより、MCの笑福亭鶴瓶と中居正広が、抽選で選ばれた視聴者の自宅を訪問。目的地に近付くにつれてテンションがアップしていく鶴瓶に対し、人の家に泊まることに対して不安を募らせる中居。2人のサプライズ訪問に当選者家族は大パニックになるが、応募者の娘さんが、大ファンである中居の好物・生姜焼きでもてなす場面も。あたたかな家族の雰囲気に中居もリラックスできた様子で、視聴者からも「よかった」との声が寄せられた。

 第2位 ダウンタウンなう(29,673pt)…10月12日のオンエアでは、東京・築地で撮影が行われた「本音でハシゴ酒」に奥菜恵、ジェジュンが登場。奥菜は二度の離婚や写真週刊誌とのバトルを語り、ダウンタウンと坂上忍は、最初の離婚で受け取ったという慰謝料について追及した。一方、ジェジュンは日本の有名女優と付き合っていたことがあると告白。さらに、その女性に二股を掛けられて別れてしまったことや、韓国の女優にも二股を掛けられたことを明かした。放送後には「めっちゃ面白かった」「放送を見てイメージが変わった」など、SNSでジェジュンファンが盛り上がりを見せていた。

 第3位 嵐にしやがれ(19,457pt)…10月13日に、田中圭が参戦した「町の洋食屋さんデスマッチ」、松本潤の企画「This is MJ」、櫻井翔が担当した「隠れ家ARASHI」の3企画を放送。「This is MJ」には、中島健人と遠藤憲一がゲストで登場。松本を含め、3人ともが不器用ということで、器用さを競う3番勝負をすることに。最初の“超ロングソフトクリーム対決”は松本が勝ち、続く2番目の勝負では、高速シャッターに合わせてポージングをし、同じポーズや失敗なく写真に写れるかに挑んだ。流れるようにポーズを決める松本、昭和チックなポーズを連発する遠藤に対し、中島がまるで踊っているかのようなポージングを披露し、失敗枚数も少なく勝利した。最後のヨーヨー対決では、ヨーヨーでテーブルクロス引きに挑戦。最初のチャレンジでは全員が失敗してしまうが、何度かやり直して遠藤の勝利となった。

【視聴熱】とは、SNSやザテレビジョンの独自調査を集計し、世間で今注目を集めている番組を発表。視聴者の“熱”をポイント化してテレビの最新トレンドに迫る、ザテレビジョン独自の新指標です。WEBサイト「ザテレビジョン」ではウィークリー、デイリーの視聴熱ランキングを紹介。視聴率だけでは測れない、本当に盛り上がっているテレビの話題を、人々の“熱”から探ります。

[画像4: https://prtimes.jp/i/7006/5107/resize/d7006-5107-910704-3.jpg ]

●【視聴熱】サイト:https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
 

広告

ピックアップ 注目ニュース