学校法人追手門学院が11月7日に「学院創立130周年記念式典」を開催 -- 「新しい教育」と新キャンパスの概要を発表、舞台パフォーマンスを取り入れたショーのような演出に

プレスリリース発表元企業:追手門学院大学



学校法人追手門学院(大阪市中央区:理事長 川原俊明)は11月7日(水)、大阪城ホールで「学院創立130周年記念式典」を開催。当日は、大阪府茨木市に来春開設する新キャンパスと、2020年度から小学校より順次実施される新学習指導要領を先導する新しい教育コンセプトを発表する。オーソドックスな形式ではなく、立体映像を用い、舞台パフォーマンスを取り入れるなど、総合学園の強みをいかした「ショーのような」式典を行う。




 学校法人追手門学院は、1888年に後の陸軍大臣・高島鞆之助によって創設された今の追手門学院小学校を源流とし、今年創立130年を迎えた。現在は追手門学院大学をはじめ、2つの中・高等学校、小学校、幼保連携型認定こども園を擁し、0歳児から大学院生まで約1万人が学ぶ総合学園となっている。
 近年は「迅速な意思決定を可能にするガバナンス改革」や「高大接続の新たなあり方を提示したアサーティブプログラム・アサーティブ入試」、「ロボットコンテスト世界一に導いたロボットプログラミング教育」、「演劇とダンスを取り入れた表現コミュニケーション教育」、「礼儀と規律を重視した伝統の小学校教育」など、全国に先駆けた改革を推進してきた。
 11月7日(水)に挙行する「学院創立130周年記念式典」では、こうした取り組みを展示形式で紹介すると共に、新キャンパスを契機に進める新しい追手門学院の教育コンセプトを発表する。

 なお、このたびの式典は、あいさつ中心のオーソドックスな式典ではなく、大阪城ホール内を立体映像で演出し、総合学園の強みをいかして舞台パフォーマンスを取り入れた「ショーのような」催しとする。また、当日ちょうど100歳を迎える元理事長も出席する。

◆追手門学院創立130周年記念式典
【日 時】11月7日(水)13:30~15:00(開場11:30)
 各学校や企業の展示のほか、式典という機会を生かし午前中には交流会も開催。
【会 場】大阪城ホール(大阪市中央区大阪城3-1)※入場受付は北玄関。
【プログラム】
・10:00~12:30 追手門学院大学3年生(100名)と企業との交流会
・11:30~終了まで 追手門学院ゆかりの企業による展示
・12:00~13:00 追手門学院大学各学部および追手門学院各学校・園の教育展示
・13:30~15:00 式典本体
 新教育コンセプト発表、新キャンパスプロジェクションマッピング、追手門学院幼小中高大合同チア・小中高大吹奏楽パフォーマンス など
【参加者】総勢約1万人の参加を予定

※報道機関の皆様におかれましては、ぜひご出席頂き見学・取材くだされば幸いです。誠に恐縮ですが式典会場の都合上、添付の取材申し込み票に記入の上、返信ください。

▼当日の連絡先
 広報課携帯
 TEL:090-5658-7300


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
足立・谷ノ内
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース