Renvale Capital、「2019年仮想通貨産業全体の見通し」を発表し、アジアでの事業拡大を宣言。

プレスリリース発表元企業:株式会社セトワークス


Renval Capitalが2019年には、仮想通貨産業がさらに大きなイシューとして扱われることになると予測した。
Renval Capitalは仮想通貨産業が2019年を持って実際的な可用性を整える原年になると評価している。
そして、過去2年間の大規模な投資により、拡張性と概念の検証および、その他の仮想通貨の革新に関するアイデアなどが実行化される時期であると判断するため、アジア中心として投資教育・取引システムの導入など事業拡大を急ぐ予定である。

Renval Capitalが2019年には、仮想通貨産業がさらに大きなイシューとして扱われることになると予測した。

Renval Capitalは仮想通貨産業が2019年を持って実際的な可用性を整える原年になると評価している。


昨年と今年は少なくない技術的革新があったにもかかわらず、産業の前進幅は押し寄せる投資に比べて低い水準に止まったとRenval Capitalは評価した。


そもそも、仮想通貨が注目を受けることになった理由は、根本的に社会の革新をもたらすことができると見込まれてたからである。しかし、この技術の実用的な応用の面においては、未だ受けた評価や可能性に比べては低い水準でとどまっている感じが強い。


しかし、2019年は今までの技術や投資がやっと光を浴び始める時期になるだろうとRenval Capitalは予測している。

過去2年間の大規模な投資により、拡張性と概念の検証および、その他の仮想通貨の革新に関するアイデアなどが実行化される時期であると判断される。

実生活で活用可能なモデルとして実現され、生活の中で体験することになるだろう。特に、ここ数年の間、多くのスタートアップが莫大な投資を受けているので、次の1年の間に、さまざまな仮想通貨を応用したサービスや商品の出現を予想することはそう難しいことではない。


仮想通貨やその応用技術が日常生活に役立つとの認識が広がることにより、実際のユーザー数も大幅に増加すると見られる。そして、仮想通貨の実用価値が高められることに連れ、流通のリスクも減少するだけでなく、頑固な批判も少なくなることが予想される。


最後に、仮想通貨やその応用技術のグローバル市場での規模もより大きくなると予測される。仮想通貨は、世界の金融との連携が簡単でない地域で融資と援助資金をより簡単に受けられるように支援するツールとしての機能を持つ可能性がある。

経済成長中の地域において資本が不足しているのは、資源がないからと言うよりは、既存の世界的な資本システムとの連携が簡単でないからである。

仮想通貨やその応用技術はこのような地域でもグローバル資本とよく連携できるようにするツールとしての機能を持つことができ、それにより、資源の有効活用ができるようになる。そして、これは世界経済が発展する新たなきっかけともなるだろうと予測することはそう難しくない。


Renvale Capitalグループは、地域社会の中で仮想通貨やその技術の普及と応用を促進させる努力をして来たのである。

そして、2019年はアジアを中心として仮想通貨の技術教育・取引システムの導入など事業拡大を急ぐ予定であると発表したのである。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告