2018-10-11 10:00:00

明治維新150年記念 平成の薩長土肥連合情報発信会~いまこそ、維新伝心の旅へ~

プレスリリース発表元企業:山口県



去る10月6日(土)、幕末・維新をテーマとした広域観光プロジェクト「平成の薩長土肥連合」は、東京国際フォーラムにおいて、鹿児島県、山口県、高知県、佐賀県の4県知事が一堂に会し、「明治維新150年記念 平成の薩長土肥連合情報発信会~いまこそ、維新伝心の旅へ~」を開催しました。
情報発信会は2部構成で、第1部では「平成の薩長土肥連合」の取組と企業連携として、連携企業との新たなタイアップキャンペーン等について、第2部では「維新伝心の旅」のススメとして、おすすめの観光スポット等について情報発信を行いました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/35835/6/resize/d35835-6-385249-0.jpg ]



第1部では、山口県の村岡嗣政知事による「平成の薩長土肥連合」の取組の説明の後、全日本空輸株式会社の志岐隆史代表取締役副社長、 西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社長谷川浩司中国支社長による新たな取組みの発表及び4県知事とのトークセッションが行われました。

第2部では、維新ゆかりの偉人の御子孫、また特別ゲストとして作家の和田 竜 氏を迎え、さらに各県ゆかりの偉人の衣装に着替えた薩長土肥4県知事も加わり、150年前の激動の時代を支えた先人たちが残した維新の心を今の時代に、そして、未来に伝える「維新伝心の旅」をテーマにトークイベントを行いました。

また、会場では、全国展開として初披露を含む薩長土肥関連の歴史的史料全12点を特別展示しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/35835/6/resize/d35835-6-434345-1.png ]


【 第1部 「平成の薩長土肥連合」の取組と企業連携 】

○全日本空輸株式会社とのタイアップ企画概要
明治維新150周年記念「ANA×平成の薩長土肥プレゼントキャンペーン」

<内 容>
鹿児島、山口、高知、佐賀発着のフライト2区間利用で各県の名産品やANAグッズが明治維新150周年にちなんで、150名様に当たる。対象は、鹿児島、山口、高知、佐賀が絡むフライト2区間を利用し、かつキャンペーン応募登録をされた日本在住のANAマイレージクラブ会員。
<実施期間>
10月6日(土)~12月31日(月)
<キャンペーン紹介サイト>https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/campaign/sacchodohi2018/

○西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社とのタイアップ企画概要
「みちグルメ秋の陣 特産品が当たる!平成の薩長土肥グルメ!」

<内 容>
期間中、対象メニューを食べられた方に、スマートくじを進呈。当選した方に、薩長土肥4県の特産品をプレゼント。対象は「みちグルメ秋の陣」に参加している店舗のうち、薩長土肥4県に位置している16店舗。
<実施期間>
10月15日(月)~10月31日(水)
※スマートくじはなくなり次第終了。
<キャンペーン紹介サイト>
http://www.w-holdings.co.jp/news/archives/meii-sapa-gourmet2018.html

【 第2部 「維新伝心の旅」のススメ 】

<4県ゆかりの偉人の御子孫>
鹿児島県:西郷 隆太郎様(西郷隆盛本家直系五代目御当主)
山口県: 楫取 能彦様(楫取家五代目御当主)
高知県: 坂本 匡弘様(郷士坂本家十代目御当主)
佐賀県: 金子 圭子様(江藤新平玄孫)

<特別ゲスト>
作家 和田 竜 氏

<「維新伝心の旅」おすすめ観光スポット>
鹿児島県
南洲神社(鹿児島市)、日当山温泉(霧島市)、鰻温泉(指宿市)、塩浸温泉(霧島市)、栗野岳温泉(湧水町)
山口県
松下村塾(萩市)、元乃隅稲成神社(長門市)、角島大橋(下関市)
高知県
桂浜、高知城、高知城歴史博物館(高知市)
佐賀県
万部島(佐賀市)、肥前さが幕末維新博覧会(県内各地)

<会場特別展示品内容>
薩摩藩
・錦絵「鹿児島暴徒圖」
・錦絵「西郷隆盛最期弌戦」
長州藩
・刀剣「木戸孝允(桂小五郎)佩刀 銘 備中秀次」
・墨 紙本 軸装「吉田松陰 留別七言律詩」
・彩色 絹本 軸装「吉田松陰像 康寿 画 岩倉具徳 賛」
土佐藩
・紙本 冊子「閑愁録 長岡謙吉著・海援隊文司筆記 春日(戴陽)頤撰」
・墨 紙本 軸装「後藤象二郎 二行書」
・彩色 絹本 軸装「公文菊僊 坂本龍馬画幅」
肥前藩
・洋式小銃「ゲベール銃」
・被り物「シャグマ」
・錦絵「江藤新平 錦絵」
その他
・錦絵「泰平有名鑑」

※「維新伝心の旅」について
「維新伝心の旅」とは幕末維新期という激動の時代、日本の新しい夜明けを支えた志士たちの心や精神を、今の時代、次の世代、未来へと継承していくような旅のカタチを指します。
幕末維新期に数多くの志士を輩出した、現在の鹿児島県、山口県、高知県、そして佐賀県には、当時を偲ばせる数多くの歴史的名所、建造物、美術品や歴史的遺物、そして文化が残されています。そこには、当時の志士たちの希望や勇気、苦悩や挫折、さまざまな心と物語が宿されており、薩長土肥4県への旅は、観光を通じ、このような幕末維新を支えた志士の心に触れる旅です。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース