「NMNを有効成分とする老化防止剤及び老化防止方法」の国際特許(PCT)出願のお知らせ。 エイジングケア物質として無限の可能性を秘めたNMNを配合したサプリメントを、世界で初めて販売した新興和製薬株式会社より出願。

プレスリリース発表元企業:新興和製薬株式会社

新興和製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:田中 めぐみ)は、世界初のβ-ニコチンアミドモノヌクレオチド(以下、NMN)を配合したサプリメント及び化粧品を販売しております。このたび、NMNを有効成分とする老化防止剤及び老化防止方法の国際特許(PCT)出願を行いました。(PCTとはPatent Cooperation Treatyの略です)


■特許概要
出願番号 :PCT/JP2018/34195
発明の名称:老化防止剤及び老化防止方法
(ニコチンアミドモノヌクレオチドを有効成分とする老化防止剤及び老化防止方法)

現在、医療技術の急速な発達によりヒトの寿命は長くなっていると同時に、ヒトの高齢化が及ぼす社会保障費の増加と、増加した社会保障費の若者へ負担、また高齢者の生活の質の低下や高齢者本人または親族への肉体的・精神的・金銭的な負担といった影響は、世界的な問題となっています。
そのような中、NMNには加齢逆行効果(老化防止・アンチエイジング)が期待されており、文字通り「若返り」する可能性がある物質です。若返ることにより、長く働ける、健康な期間が長くなる、疾病率が減り活動的に過ごせる時間が延びる、少子高齢化の問題を解決するなどの可能性を秘めており、NMNとは正に夢のような物質です。
新興和製薬株式会社は、その高品質なNMN製品を世界で唯一扱っている企業です。世界に先駆けてNMNヒト臨床研究を公的研究機関と行い、その結果より老化防止を示す有用なデータを得て、NMNを有効成分とする老化防止剤及び老化防止方法の国際特許(PCT)出願を行いました。また、2018年10月中頃には、上記と同様にNMNを含むことを特徴とする化粧品組成物の国際特許(PCT)出願を行う予定です。


■NMNとは?
NMNとは、ビタミンB3群の中に含まれる、β-ニコチンアミドモノヌクレオチドという物質で、あらゆる生物の細胞に存在しています。本来は体内で自然に生成される物質ですが、加齢に伴い体内での生産能力が減退し、その結果体内の修復機能が失われていくと言われています。
加齢に伴い減少してしまうNMNを摂取することにより、生体エネルギーの供給源をサポートできる物質として各メディアで特集されており、大学及び民間の研究機関ではNMNを角質層側に添加すると、細胞内のNMN量が約100倍に増加したとの報告もされています。表皮及び皮下のNMNとNADを増加させサーチュインを活性化、天然保湿因子(NMF:Natural Moisturizing Factor)の生産を促し、皮膚の老化予防となることが期待されています。


■NMNの可能性について
近年、NAD消費酵素他に関する研究は爆発的な勢いで展開され、その結果、特に老化関連疾患における病態生理学的重要性が次々と解明されている。
インスリン抵抗性、糖尿病、癌およびアルツハイマー病に代表される老化関連疾患においてNMNなどのNAD中間代謝産物がNAD量を増加させ,病態を改善することも報告されている。
NAD中間代謝産物を経口投与することにより,肝臓におけるNAD量が増加し,DNA傷害・腫瘍形成が抑制されたことから,NAD量増加による発癌抑制の可能性が示された。
癌の病態形成におけるNAD合成系の役割に関するより詳細な検討が待たれる。
(※公益社団法人日本生化学会 生化学より引用)


■NMNによる皮膚への影響について
サーチュインは老化を制御する因子として注目されており、細胞内のNAD量に日内変動が見られ、サーチュインの活性が制御されていることが明らかにされています。
その活性が表皮に及ぼす影響について、NAD生合成の前駆体であるNMNを添加し、その影響について検討した結果、NMNを角質側に添加すると、細胞内のNMN量が約100倍に増加し、NAD量も約4倍に増加したことから、NMNが吸収されてNADに代謝されることが確認されました。
さらに、NMNの添加により、皮膚保湿に関与する酵素であるカスパーゼ14の発現が誘導されました。カスパーゼ14は、フィラグリンの分解と天然保湿因子(NMF)の合成に関与すること、および、加齢に伴って発現が減少することが確認されています。
以上の結果から、表皮のサーチュインを活性化することにより、天然保湿因子(NMF)の生産が促進されることが示唆され、皮膚の老化が予防できることが認められています。
(※日本薬学会年会要旨集 巻:133rd より引用)


■今後のNMN臨床研究について
新興和製薬株式会社は、科学的根拠に基づいたプロダクトエイジングの実現を目指すために、引き続きNMNを用いた様々な臨床研究(ヒト臨床研究)を計画しております。
現在、公的研究機関や民間臨床研究受託会社と複数の臨床研究を計画しており、得られた臨床研究の結果を基に、NMNの新たな効果や可能性を認めた分野の商品化、臨床研究を、世界に先駆けて随時進める意向です。


■NMN原料の製造工場の設立・稼働について
新興和製薬株式会社は現在、NMN原料を製造会社から購入していますが、既にNMN原料の製造技術提供契約を締結しており、日本で2社目になる国産NMN製造工場(生産量:約3t/年)の年内設置及び稼働を目指しています。この工場稼働により、現在販売中の商品や新商品の大幅なコストダウンに繋げたい意向です。


■参考リンク(NMNへの期待や可能性について)
http://shinkowapharma.com/news/2018/10/10/consumers_should_know_aboutnmn/


【会社概要】
会社名 : 新興和製薬株式会社
代表者 : 代表取締役 田中 めぐみ
所在地 : 東京都中央区新川2-30-11
事業内容: 健康食品・化粧品販売業


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース