2018-09-25 11:00:00

アジア初!GLOBALG.A.P.Number(GGN)ラベル付き商品の展開を開始

プレスリリース発表元企業:イオン株式会社

食の安全と持続可能な生産管理を実施する農場でつくられた農産物を“見える化”

イオンは、GLOBALG.A.P.(G.A.P.:Good Agricultural Practice:農業生産工程管理 以下、グローバルGAP)認証を取得した農場でつくられた農産物であることを示す、
GLOBALG.A.P.Numberラベル(以下、GGNラベル)付き商品の展開を、アジアで初めて開始します。



10月10日より順次、全国の総合スーパー「イオン」「イオンスタイル」、スーパーマーケット「マックスバリュ」などのグループ店舗で、GGNラベル付きの「トップバリュ」のバナナ、じゃがいも、玉ねぎ、また、関東・東北エリアの一部店舗では、近隣の「イオン農場」で収穫された小松菜、トマトの販売を開始します(店舗によって取り扱い品目は異なります)。

グローバルGAPは、環境や労働安全への配慮を含む、食の安全と持続可能な生産管理を実施する農場の国際認証です。
GGNラベルによる“見える化”を通じ、国際水準の農業生産工程管理に取り組む方々が生産した農産物を店頭で簡単に選んでいただくことができるようになります。また、11月には、専用WEBサイトにラベルに記載されたGGN(認証番号)を入力することで、世界のどこで、誰がつくったものかを知ることが可能になる予定です。

イオンは、自然資源の持続可能性と事業活動の継続的発展の両立を目指し、2017年4月に「イオン持続可能な調達方針」のもと、「持続可能な調達2020年目標」を策定しました。

農産物においては、2020年目標として、プライベートブランド商品ではグローバルGAPをはじめとする、世界食品安全イニシアティブ(GFSI※)ベースのGAP(適正農業規範)管理100%の実施をめざすことを掲げています。
この目標達成に向け、提携する生産者の方々のご協力のもと、認証取得商品の取り扱い拡大に向けて取り組んでいます。また、自ら運営する「イオン農場」ではすでに全21農場においてグローバルGAPを取得するとともに、同農場を運営するイオンアグリ創造(株)では、認証取得を目指す生産者の方々の支援等も実施しています。

こうした取り組みに加え、この度のGGNラベル付き商品の展開により、生産者の方々のみならず、イオンをご利用いただくお客さまにもグローバルGAPへの認知や支持が高まり、持続可能な農業がさらに広がるよう、イオンはこれからも様々な取り組みを続けてまいります。

※GFSI(Global Food Safety Initiative):世界食品安全イニシアチブ
グローバルに展開する小売業、食品メーカーで構成するTCGF(The Consumer Goods Forum)傘下の食品安全の推進団体。食品安全規格の認定も実施

【GGNラベル付き商品】
・トップバリュベストプライスバナナ
・トップバリュ減の恵みじゃがいも
・トップバリュ減の恵み玉ねぎ

[一部エリアで扱う商品]
・小松菜 (イオン千葉柏農場・イオン埼玉松伏農場、イオン岩手花巻農場)
・トマト (イオン埼玉久喜農場)

※ 順次品目を増やしていきます。

[画像: https://prtimes.jp/i/7505/1607/resize/d7505-1607-336103-0.png ]

【GGN(認証番号)を使って確認できる事項(予定)】
・産地情報
・生産者情報
・生産段階での取り組み など
※11月以降に検索が可能になる予定です。
 GGNのWEBサイトアドレス:http://aeon.ggn.org/ 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース