約130人の“子ども研究員”が成果を発表! 埼玉大学STEM教育研究センターが9月22日に「ロボットと未来研究会第33期最終発表会@埼玉大学」を実施!

プレスリリース発表元企業:埼玉大学STEM教育研究センター
約130人の“子ども研究員”が成果を発表! 埼玉大学STEM教育研究センターが9月22日に「ロボットと未来研究会第33期最終発表会@埼玉大学」を実施!

約130人の“子ども研究員”が成果を発表! 埼玉大学STEM教育研究センターが9月22日に「ロボットと未来研究会第33期最終発表会@埼玉大学」を実施!

約130人の“子ども研究員”が成果を発表! 埼玉大学STEM教育研究センターが9月22日に「ロボットと未来研究会第33期最終発表会@埼玉大学」を実施!


約半年間、ロボット・プログラミングなどを学んできた幼稚園から高校生の子どもたちがその成果を発表! 「大学の研究室を未来を創る子どもの居場所に」という目標のもと、埼玉大学STEM教育研究センターが2002年に開始した「ロボットと未来研究会」で学んだ子どもたちが、その成果としてロボットやゲーム、映像作品のデモンストレーションを行います。

ものづくりの活動を通した教育方法に関する研究開発などを推進している埼玉大学STEM教育研究センター(事務局所在地:埼玉県さいたま市、センター代表者:野村泰朗)は、9月22日(土)に埼玉・さいたま市の埼玉大学総合研究機構棟でロボット・プログラミングなどを学んできた約130人の“子ども研究員”が成果を発表する「ロボットと未来研究会第33期最終発表会@埼玉大学」を実施します。


▼ 埼玉大学STEM教育研究センター公式ウェブサイト:http://www.stem-edulab.org/htdocs/


「ロボットと未来研究会」は、「大学の研究室を未来を創る子どもの居場所に」という目標のもと、埼玉大学STEM教育研究センターが2002年に開始した取り組みです。当日は幼稚園から高校生の子どもたちが、約半年間学んできた成果を、ロボットやゲーム、映像作品としてデモンストレーションを行います。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NjY5NyMyMDc3NjUjNDY2OTdfbUlkSUpESUloQi5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NjY5NyMyMDc3NjUjNDY2OTdfdFFhdkVWREdydi5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NjY5NyMyMDc3NjUjNDY2OTdfR0xYdlNsbnF3dS5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NjY5NyMyMDc3NjUjNDY2OTdfZ1BOdUZwYnJOVy5qcGc.jpg ]


■幼稚園から高校生まで、約130人の子どもたちによるものづくりの成果発表!


「ロボットと未来研究会」は、埼玉大学STEM教育研究センターが2002年から取り組んでいるアウトリーチ活動の1つで、ものづくりに興味をもつ子どもたちを「子ども研究員」として募り、教育学部の学生を中心に、学内のものづくり系サークルと連携して取り組んでいます。


入門コース、研究コースの2つがあり、それぞれ次のようなテーマやものづくりに取り組みます。


1.入門コース

プラダンロボット、レゴロボット(ロボみら、EV3)、ゲームクリエイター、宇宙エレベーター、映像クリエーター、KIDSエクスプローラー


2.研究コース

研究員が自身で決めたテーマに沿って、みずからの力で問題解決を進めながら研究に取り組んでいます。


埼玉大学のほか東京・世田谷区の昭和女子大学、東京・墨田区内の計3ヵ所で実施しており、9月22日(土)の発表会では、2018年4月からロボット・プログラミングなどを約半年間にわたって学んできた第33期の子どもたちが、約20人ずつのグループにわかれて午前・午後それぞれ3回ずつ60分のセッションでデモンストレーションを行います。


当日は、2018年10月から始まる「ロボットと未来研究会」第34期への参加を希望する子どもたちや保護者などの見学も可能です。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NjY5NyMyMDc3NjUjNDY2OTdfRmhuakdSZ1NITi5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NjY5NyMyMDc3NjUjNDY2OTdfUmdYYUlmTExBUi5qcGc.jpg ]


■埼玉大学STEM教育研究センター主催「ロボットと未来研究会第33期最終発表会@埼玉大学」概要


実施日:9月22日(土)*予備日:9月23日(日・祝)

午前の部:午前9時30分~午後1時30分

午後の部:午後1時30分~午後5時30分

*午前・午後とも約20人ずつのグループが60分のデモンストレーションを3回ずつ実施予定

問い合わせ先:埼玉大学STEM教育研究センター事務局(ウェブサイト:http://www.stem-edulab.org/htdocs/

メールアドレス:robot_future2002@gmail.com

電話番号:048-858-3862(担当者:小山)


■埼玉大学STEM教育研究センターについて


埼玉大学STEM教育研究センターは、2002年からものづくり活動を通した教育の内容と方法 についての実践的な研究と指導者の養成を手がけています。現在。STEM(Science、Technology、Engineering and Math)教育として注目を集めている先端的な科学技術・理数教育研究活動拠点として、国内外の研究機関、研究者、教育現場、企業と連携した実践研究活動を推進しています。研究成果のアウトリーチ活動の一環として、ロボットやプログラミングを中心としたものづくり活動に主体的に取り組むことができる学びの場「ロボットと未来研究会」を16年間にわたって提供しています。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NjY5NyMyMDc3NjUjNDY2OTdfVkNhT1dqUnFmVS5qcGc.jpg ]


【埼玉大学STEM教育研究センター】

事務局所在地:〒338-0825 埼玉県さいたま市桜区下大久保255(埼玉大学教育学部内)

代表者:センター代表 野村泰朗(教育学部准教授)

設立:2002年04月

電話番号:048-858-3862

URL:http://www.stem-edulab.org/htdocs/

事業内容:ものづくりの活動を通した教育方法に関する研究開発、STEM(Science、Technology、Engineering and Math)教育として学習内容の体系化を進める研究開発、学校教育・社会教育で求められるSTEM教育を指導できる指導者育成の内容と方法に関する研究開発、研究の推進を目的に開発した新しい教育活動を実証研究するフィールドの大学内設置、国内外の関係研究機関と連携してSTEM教育について国際的に情報発信できる研究拠点の形成ほか[W1] 


【一般の方向けのお問い合わせ先】

埼玉大学STEM教育研究センター事務局

担当者名:小山 航太

TEL:048-858-3862

Email:robot.future2002@gmail.com





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告