Geek+、第二十回中国国際工業博覧会で自動フォークリフトを発表 物流・製造現場のフォークリフト作業者不足の課題解決に貢献

プレスリリース発表元企業:株式会社ギークプラス
自動フォークリフト

株式会社ギークプラス(本社:千葉県印西市、代表取締役社長:佐藤 智裕、以下「ギークプラス」)は、中国ギークプラス社(本社:中国北京)と共同で、2018年9月19日から中国上海市で開催される、第二十回中国国際工業博覧会で、新商品の自動フォークリフトを発表いたします。
ギークプラスは、物流倉庫、製造工場などにおける、あらゆる工程の自動化に挑戦し、効率化、省人化、作業環境改善、企業価値向上などのあらゆる側面から企業の課題解決に貢献いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/164916/LL_img_164916_1.png
自動フォークリフト

■自動フォークリフトについて
物流工場、製造工場における、搬送工程において無人搬送機以外にフォークリフトは欠かせない機器です。しかしながら、従来のフォークリフトには免許が必要である為、作業者不足が深刻な課題となっております。
ギークプラス自動フォークリフト(以下、自動フォークリフト)は、倉庫や工場の床面の工事をすることなく、商品サイズ、商品の位置を把握することで、無人でネステナなどの高所からの商品の取り出し、搬送の自動化が可能となります。また、この自動フォークリフトは、ギークプラスのロボットで培った、周囲の状況を確認しながら最適なルートを走行する「SLAM方式※」を応用しており、障害物検知機能を搭載している為、作業者と自動フォークリフトの共存を可能にいたしました。
日本での発売日は未定です。発売日が決定いたしましたら、別途リリースいたします。

※SLAM方式とは、レーザーセンサーにより、自己位置推定と環境地図作成を同時に行うことで、従来必須だったロボット誘導用ラインが不要になり、作業工程毎にいつでもロボットの移動経路変更が可能となる新しい経路選定方式です。


■搬送ロボットやロボットアームとの組み合わせが可能
更なる自動化への取り組みとして、自動フォークリフトと当社搬送ロボット「EVE」やロボットアームなどの機器と連携することもできます。これにより、物流倉庫において、ネステナ等の高所保管エリアから、自動フォークリフトで商品を取り出し、搬送ロボットに引き渡し、ロボットアーム等で仕分けをすることにより、商品の取り出しから出荷までの工程を無人で行うことも可能です。


■会社概要
商号 : 株式会社ギークプラス
設立 : 2017年8月1日
所在地: 千葉県印西市泉野1-2 プロロジスパーク千葉ニュータウン中央5F
代表者: 代表取締役社長 佐藤 智裕
URL : https://www.geekplus.jp/

製品動画: https://www.youtube.com/watch?v=wEKeU2CYL-8


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告