アメリカRenvaleグループ、「仮想通貨価格バブル崩壊、一生に一度のチャンスになる」

プレスリリース発表元企業:株式会社セトワークス
アメリカRenvaleグループ、「仮想通貨価格バブル崩壊、一生に一度のチャンスになる」


ブロックチェーンの技術を通じた金融技術革新を主導するアメリカのRenvaleグループが最近仮想通貨の価格バブル崩壊について「一生に一度のチャンス」という分析結果を出した。
Renvaleグループは、「仮想通貨投資の時期を捜している人々には過熱された市場が休息期に入った今が投資の観点から見ると、むしろ素晴らしいチャンスの時期である」と明らかにした。

ブロックチェーンの技術を通じた金融技術革新を主導するアメリカのRenvaleグループが最近仮想通貨の価格バブル崩壊について「一生に一度のチャンス」という分析結果を出した。

Renvaleグループは、「仮想通貨投資の時期を捜している人々には過熱された市場が休息期に入った今が投資の観点から見ると、むしろ素晴らしいチャンスの時期である」と明らかにした。仮想通貨のリーダーと呼ばれるビットコインが毎回大きな変動があるたびに下落してにもかかわらず、平均数ヶ月後に反発し、最高値を突破したことを例として説明した。

そして、ビットコインが上昇すると、他の仮想通貨もしたがって上昇する連鎖反応効果が現れた。Renvaleは「客観的に市場の騰落を見下ろすと、市場が過熱されただけ」とし、「これはただ休息期にさしかかっただけであり、反発の要素は十分にある」と述べた。

ビットコインの現在の低下の原因は、仮想通貨の最大取引国である韓国の政府が仮想通貨取引を規制する政策を発表したからである。以降、多くの投資家たちが大規模な投げ売りに出たのである。

このような状況は、2013年11月ビットコイン泡議論により4ヶ月間急落を記録した場合と類似している。実際にこのことをきっかけに、多くの国が仮想通貨市場に対する監督規定を新たに導入した。Renvaleグループは「2013年から2017年9月までのビットコインは、合計5回の大きな変動があった」とし「36%から71%まで下落したが、数週間で回復した」と述べた。続いて「このような推移を見ると、ビットコインの価格は急速に回復するものと見られる」と付け加えた。

一方、Renvaleグループは、2006年にアメリカで設立され、世界中の個人や機関の顧客のために外国為替取引を管理に焦点を当てており、最近ブロックチェーン関連技術を金融に融合させるために努力している。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース