ー「食」をテーマに「人財交流」と「農あるくらしの再生」事業を協働ー福島県飯舘村と明治大学農学部・農場の震災復興に関する協定を締結9月17日(月・祝日)11時より 飯舘村役場本庁舎2F 第一会議室にて

プレスリリース発表元企業:学校法人明治大学広報課
福島県飯舘村

2018年9月17日、福島県飯舘村と明治大学農学部および農場は、それぞれが有する知見、技術、情報、資源等を有機的に活用して、地域復興に関わる諸課題の解決や施策の実施について協働するとともに、社会で活躍する創造的な人材の育成、さらなる相互の交流と連携・協力の推進を図ることを目的として、「飯舘村と明治大学農学部および農場との震災復興に関する協定書」を締結します。
今後は協定期間の3年間に「食」をテーマとした「人財交流」と「農あるくらしの再生」を目的に、次のような具体的事業を計画しています。

「食」をテーマとした「人財交流」と「農あるくらしの再生」の事業計画の具体例
・いいたて版農家めしのテキスト化
・いいたてカレーパンプロジェクト
・学生による情報発信・援農など


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク