RenvaleCapitalグループ、「専門家の交流晩餐会」を開催

プレスリリース発表元企業:株式会社セトワークス
RenvaleCapitalグループ、「専門家の交流晩餐会」を開催


アメリカの仮想通貨の投資専門会社Renvale Capitalグループが先月の30日、ソウルのザ・ガーデンキッチンホテルで、今年初めての「Renvale専門家交流晩餐」を開催したと14日に発表した。
Renvale Capitalグループの「専門家の交流晩餐会」は、主要企業の経営陣と法律顧問が参加する中、毎年に定期的に開催されている。
晩餐に参加する専門家たちは過去の経験を共有しながら、現在進行中のプロジェクトにおいての提案を提出する活動を行う。

アメリカの仮想通貨の投資専門会社Renvale Capitalグループが先月の30日、ソウルのザ・ガーデンキッチンホテルで、今年初めての「Renvale専門家交流晩餐」を開催したと14日に発表した。

Renvale Capitalグループの「専門家の交流晩餐会」は、主要企業の経営陣と法律顧問が参加する中、毎年に定期的に開催されている。

主な目的はRenvale Capitalグループの管理者と現地政府が緊密な協力関係を構築するため、そして、法律環境をよりよく理解するめである。

晩餐に参加する専門家たちは過去の経験を共有しながら、現在進行中のプロジェクトにおいての提案を提出する活動を行う。

今回、韓国では初めて開催されたこの日の晩餐会では、韓国政府の仮想貨幣に関する視点と立場を共有する時間を持ったのである。

Renvale Capitalグループの関係者は、「韓国は世界で二番目に大きい暗号化貨幣市場であり、政府は現在、積極的に仮想貨幣に関する立法を通じて市場への支持を惜しまない」とし、「我がグループはアジアでの社勢が拡張されること応じて、現在の韓国政府が維持している立法原則との観点に合致する運営方案を用意しようと努力している」と述べた。

仮想通貨会社たちは事業を進める国で最も明確な法律的枠組みを適用されなければならない。特にブロックチェーン技術の応用は来るべき4次産業革命で大きな役割をすると見られており、ビッグデータをめぐる議論が広がるものと予測されている。

特に日本と韓国を含むアジアの主要国は、ブロックチェーンと仮想貨幣市場が非常に大きな可能性を持っていることを悟って、これを活用する対策を講じている。

Renvale Capital CEOである、 Will Collinsさんは「表面的に仮想通貨取引所は、すでに法的実体があり、合法的かつ明確に国家が管理する新たな生態系に進んでいる」とし、「日本と韓国などアジアの主要国のブロックチェーン空間のための規範を強化しながら、より健康的なブロックチェーンと暗号化の通貨環境の基盤を用意しているため、積極的に対応していく計画を持っている。」と語った。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース