一人ひとりが柔軟に活躍できる組織へ。自律した個人をエンパワーするオフィスに進化しました!

プレスリリース発表元企業:株式会社インフォバーン
1Fカフェラウンジ

2Fコミュニケーションワークエリア

4Fオープンミーティングエリア

インフォバーングループは、働き方改革の一環として、社員一人ひとりが自律的に働くことのできる環境を整えるために、オフィスの改装やフリーアドレスの導入を行いました。

変化し続ける市場に対して、組織の主役である従業員一人ひとりがスピーディーかつ柔軟に対応できる環境がいま求められています。弊社グループでは、働き方に加えて、社内外におけるコミュニケーションの在り方についても、常に考え、変化し続ける必要があると考えており、より柔軟性と拡張性をもって働ける環境づくりを目指しています。

働き方改革を推進していくに際して、従業員にとってのオフィスを「自律した個人が働くためのプラットフォーム」と定義しました。従業員が、自分の意思で働き方や働く場所を選び、より働きやすくするための環境整備に主体的に関わろうとする。そのきっかけを生み出すようなオフィスを目指しています。 すべての従業員がオフィス作りに関わることで、“会社から与えられるオフィス”ではなく“一人ひとりが工夫しハックできるオフィス”となり、社内外のコミュニケーションをより活発化することを狙いとしています。

インフォバーンは今後も「常に未完成で、変わり続ける」マインドを持ち、社員一人ひとりのパフォーマンスが発揮できる環境づくりに取り組んでまいります。


【本件に関するお問い合わせは下記まで】
本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社インフォバーングループ本社 グループ広報担当・大川
TEL:03-5784-6703
mail:pr[a]mediagene.co.jp
※[a]を@に変換のうえ、お問い合わせください。


【付帯情報】
・1Fカフェラウンジ
http://itm.news2u.net/items/output/161920/1
・2Fコミュニケーションワークエリア
http://itm.news2u.net/items/output/161920/2
・4Fオープンミーティングエリア
http://itm.news2u.net/items/output/161920/3


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース