2018-08-06 13:30:00

TOYOTA、ハイエースならびにレジアスエースの特別仕様車を発売

プレスリリース発表元企業:Toyota Motor Co Ltd

Toyota City, Japan, Aug 6, 2018 - ( JCN Newswire ) - TOYOTAは、ハイエースならびにレジアスエースに特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEII”を、ハイエースに誕生50周年記念の特別仕様車スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”を設定し、ハイエースは全国のトヨペット店(東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット、大阪地区は大阪トヨタ)、レジアスエースは全国のネッツ店を通じて、8月6日に発売しました。なお、特別仕様車スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は期間限定生産(~2019年7月31日予定)となります。

今回の特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEII”は、最上級グレード「スーパーGL」をベースに、外装は、ダークメッキを施したフロントグリル、バックドアガーニッシュを特別装備したほか、内装には、ルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色を採用するなど、質感を向上させました。

また、スライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーションを特別装備したほか、SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)を標準装備し、より魅力的な仕様としました。外板色には、特別設定色スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション)を含む全5色を設定しました。

また、ハイエースの誕生50周年を記念し発売した特別仕様車スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は、最上級グレード「スーパーGL」をベースに、外装は、漆黒メッキを施したフロントロアグリルをはじめ、フロントフォグランプベゼルやフルホイールキャップに高輝度塗装を施すなど、より上質で落ち着いた印象を付与しました。また、バックドアには50周年記念エンブレムを装備しました。内装には、ルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色を採用したほか、シート表皮にダークブラウン色のトリコット+合成皮革&ダブルステッチを採用。また、随所に茶木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾を施すなど、より高級感と上質感を演出しました。

そのほか、50周年記念エンブレム付のスマートキーやスライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーションを特別装備したほか、デュアルパワースライドドアやSRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)を標準装備し、プレミアムな限定車としました。外板色には、特別設定色グラファイトメタリックを含む全6色を設定しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/23840489.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース