Renvale capital、「暗号化通貨取引プラットフォーム運営の流行をリードする」

プレスリリース発表元企業:株式会社セトワークス
Renvale capital、「暗号化通貨取引プラットフォーム運営の流行をリードする」


Renvale capitalが変革期を迎えた暗号化貨幣取引プラットフォームの運営の流行をリードする。 Renvale capitalは十数年の間、外国為替取引を継続してきたウォールストリートに基盤を置く会社であり、2006年にアメリカで設立された。この会社は、個人投資家のサービスを始め、今は全世界の個人と機関投資家のための外国為替取引口座を管理している。

Renvale capitalが変革期を迎えた暗号化通貨取引プラットフォームの運営の流行をリードする。 Renvale capitalは十数年の間、外国為替取引を継続してきたウォールストリートに基盤を置く会社であり、2006年にアメリカで設立された。この会社は、個人投資家のサービスを始め、今は全世界の個人と機関投資家のための外国為替取引口座を管理している。


2012年ブロックチェーンの時代を迎え、Renvale capitalは「変革を迎い入れる上、流行をリードする」というビジョンを宣言し、外国為替取引において積み上げてきた独自のノウハウを暗号化通貨取引に結合したのである。


特にデジタル資産を多様化することにより、ブロックチェーン企業とトークン生成を統合することで、2017年、非常に大きな成果を収めたのである。特に暗号化通貨産業の好況を迎え、2017年の最高の投資信託の投資収益率を上回ったのである。


現在の暗号化通貨の時価総額は、まだまだ初級段階であることが専門家たちの見解である。特に、未だすべてのデジタルマネーの時価総額である3000億ドルが世界貨幣資産の1%未満であることも、診断の証拠として言及されている。


これに対してRenvale capitalは、暗号化通貨取引プラットフォームの開発を通じて、資本化をさらに早める計画だと発表した。このプラットフォームは、ユーザーが迅速かつ容易に暗号化通貨取引活動を管理することができるように開発されている。


このため、ネットクラフトリテールソリューション最高技術責任者兼マイクロソフトの上級プログラマ、IBMのプレミアムエンジニアであったビサル・アグラワルを最高技術責任者に任命した。彼の引率の中、チームを構成し、第4四半期にリリースする計画である。


Renvale capitalは、 「暗号化通货が注目されるほど優れた収益率を出している」とし、「関心を受けているだけに、プラットフォーム運営を通じてもう一度跳躍することができるようにする」と述べた。続いて「パーソナライズされた取引手法と精通ポートフォリオの多様化が目標である。」とし、「昨年よりも良い結果を今年の下半期に出すと見込みられる」と付け加えた。





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース