看護界初!看護の力を客観的に測る全国統一検定、誕生 『看護力検定(R)』2018年7月6日受検申込みスタート

プレスリリース発表元企業:株式会社メディカ出版
『看護力検定』サイトイメージ

医師・看護師向けの出版教育事業を手がける株式会社メディカ出版(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:長谷川 素美)は、オンラインで受検できる『看護力検定(R)』を開発、2018年7月6日より受検申込みの受付を開始します。本検定は臨床現場の看護師を対象としており、超高齢時代に求められる看護のジェネラルな力を確認し、身につけていくことを目的としています。全国統一第1回検定試験は2018年9月3日~30日を予定しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/160608/LL_img_160608_1.jpg
『看護力検定』サイトイメージ

本検定は、北里大学病院・同大学東病院看護部の監修で、臨床現場ならではの事例、ならびに各科共通性の高い知識を問う出題で構成しています。成績は4段階で評価、受検結果は、基礎知識、アセスメント、スキル・ケア提供、コミュニケーション、基本姿勢の5つの指標で分析されます。
2018年4月に当社が行った調査で、自分の看護力、市場価値が気になる、と回答した看護師が最も多く66.7%、次いで、現場の仕事に自信はあるが、客観的な看護の力を知りたい、との回答が55.3%に上りました。本検定では、受検者の成績を全国平均と比較できることで、調査で得た看護師のインサイトにも応えています。デジタル看護教科書(R)、臨床看護のeラーニングで医療・看護業界の教材に革新をもたらした当社のノウハウをいかし、モチベーションを上げ、次の学びにつなげる仕掛けを取り入れています。

看護師は、一生成長することができる職業です。しかし、現場の多忙さで、業務をこなすことで精いっぱいという現実もあります。保健師助産師看護師法第二十八条の二において「免許を受けた後も、臨床研修その他の研修を受け、その資質の向上を図るように努めなければならない」と定められており、自ら学び続けることが求められています。自らの看護力を振り返り、確かな力を身につけ、自信につながる検定を目指しています。


【第1回看護力検定】
受付期間: 2018年7月6日(金)~9月30日(日)
受検期間: 2018年9月3日(月)~9月30日(日)
受検方法: オンライン受検 動作環境:マルチデバイス対応
検定料 : 1,500円(税込) 結果発表:10月31日(水)予定
URL : https://kangoryoku.jp/


【会社概要】
名称 : 株式会社メディカ出版
代表者 : 代表取締役社長 長谷川 素美
所在地 : 〒532-8588 大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル16F
創業 : 1977年5月
資本金 : 50百万円
事業内容: 医療・看護・介護関連書籍・専門誌の出版、ならびにDVD・アプリなど
デジタルコンテンツの制作・販売、病院・介護施設用機器類の販売
看護・医療研修セミナー、ならびに各種研究会の開催
URL : https://www.medica.co.jp/


【お客様からのお問い合わせ】
お客様センター 0120-276-591
受付時間/9:00~17:00(土・日・祝日および年末年始は除く)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース