2018-06-22 21:47:00

MSCI 2018市場分類見直しの結果発表

プレスリリース発表元企業:MSCI Inc.

MSCI 2018市場分類見直しの結果発表

(ロンドン)- (ビジネスワイヤ) -- 世界の投資家に指数およびポートフォリオ構築とリスク管理のツールとサービスを提供する大手企業のMSCI(NYSE:MSCI)は、2019年6月から、MSCIサウジアラビア指数をMSCI新興国指数、MSCI ACWI指数、その他の該当するグローバル指数および地域指数に含めることを発表しました。この決定は、サウジアラビアの株式市場において多くの規制と運営の強化策が実施され、同市場の国際機関投資家への開放が効果的に進んだことを踏まえて行われました。この組み入れ提案は、協議に参加した国際機関投資家の大多数に支持されました。

MSCIは、MSCIサウジアラビア指数をMSCI新興国指数に組み入れます。これは2段階の組み入れプロセスに従って行われ、プロフォーマ・ベースで32銘柄を採用し、ウェイトは指数の約2.6%となります。組み入れの第1段階は、2019年5月の半期指数見直し時に行います。第2段階は、2019年8月の四半期指数見直しの一環として行います。

また、MSCIは、MSCIアルゼンチン指数をフロンティア市場から新興国市場に分類変更することを発表しました。協議に参加した市場参加者の多数がこの分類変更案を承認したことから、この決定が下されました。特に、国際機関投資家は、MSCIの分類枠組みの重要な要素である株式市場のアクセス性をアルゼンチンが維持できると確信していると表明しました。しかし、同国の為替状況に影響を及ぼす直近の出来事を踏まえ、MSCIは、アルゼンチン当局が資本規制や外国為替規制などの何らかの市場アクセス性の制限を導入すれば、この分類変更の決定を検討し直すことを明確に表明しています。

MSCIアルゼンチン指数は、2019年5月の半期指数見直し時にMSCI新興国指数に組み入れます。MSCIでは、引き続きこの指数への組み入れを、米国預託証券(ADR)など、アルゼンチン企業の海外上場銘柄のみに制限します。これは、国際機関投資家が、海外上場銘柄から国内上場銘柄への切り替えを検討するには、国内市場全体で流動性が高まっていなければならないと指摘しているためです。MSCIは、今後ブエノスアイレス証券取引所の流動性状況の高まりに応じて、この決定を再検討します。

MSCIのエクイティ・ソリューション部門のマネジングディレクター兼グローバル責任者であるセバスチャン・リーブリックは、次のように述べています。「サウジアラビアとアルゼンチンの新興国市場への組み入れを支持することで、国際機関投資家は、これらの市場にアクセスして運用することができ、またその態勢が整ったことを確認しました。これらの指数の組み入れにより、グローバルな投資機会集合が拡大し、MSCI新興国指数の多様性が高まります。これは、投資家にとって重要なことです。」

リーブリックは、さらに次のように述べています。「国際投資家は、サウジアラビア株式市場のアクセス性の変化の速さと、資本市場庁(CMA)とサウジ証券取引所(Tadawul)が示した取り組みのレベルを高く評価しています。国際投資家は、サウジアラビアにおける現在の民営化努力により、今後は投資家にとって投資可能な機会集合が増え、他のすべての条件が同じであれば、将来的に、新興国指数におけるサウジアラビアのウェイトが増すことになると期待しています。」

この3年間、CMAとサウジアラビア証券取引所は、国際機関投資家に向けて国内株式市場の開放をさらに進めるいくつかの強化策を実施しました。2015年にCMAは適格海外金融機関向け規制を導入しましたが、その後、同国の株式市場へのアクセス手段は、PノートやSWAPなどのデリバティブ商品による間接保有から直接保有へと発展しました。CMAはその後、国際機関投資家からの意見を反映して、この規制を2度にわたって強化しました。サウジアラビア証券取引所は2017年4月、T+2決済や代金引換証券渡し(DVP決済)の導入など、運営モデルの完全な見直しを実施しました。この重要な変革は、サウジアラビア証券取引所の運営モデルを国際的なベストプラクティスにさらに近づけ、国際機関投資家がサウジアラビア株式市場にアクセスしやすくすることを目的としています。同取引所は、2018年5月27日に新しい引け値制度を導入して、価値加重平均価格設定からクロージング・オークションに移行し、強化策の実施を継続しました。

MSCIはすでに、MSCIグローバル・インベスタブル・マーケット・インデックス手法に基づき、新興国市場の閾値を用いて、単独指数であるMSCIサウジアラビア指数を算出しています。この指数は、MSCI ACWI指数シリーズの一部であるプロフォーマ指数の基礎とすることができます。MSCIはまた、2018年9月1日までに、MSCIアルゼンチン暫定指数、ならびにMSCI新興国暫定指数など、いくつかのグローバルおよび地域暫定指数を発表する予定です。これらの指数に基づいて、投資家は、サウジアラビアとアルゼンチンの株式を自らの予定に従ってポートフォリオに組み入れることができます。開始する暫定指数のリストは数週間後に発表する予定です。新興国指数の閾値を用いたMSCIサウジアラビア指数の構成銘柄リストとMSCIアルゼンチン指数の構成銘柄のシミュレーション・リストは、https://www.msci.com/market-classificationをご覧ください。

さらにMSCIは、2019年の年次市場分類見直し時に、MSCIクウェート指数をフロンティア市場から新興国市場に分類変更する可能性があることを発表しました。

また、MSCIは、MSCI新興国指数に中国A株を組み入れる最初の段階を成功裏に完了しました。2018年6月1日より国際機関投資家から収集したフィードバックでは、組み入れ実施は円滑に行われ、大きな懸念は寄せられていません。これを踏まえ、第2の実施段階は、2018年8月の四半期指数見直し時に行う予定です。

最後に、MSCIは本日、調査対象の84市場について、2018年グローバル市場アクセシビリティ評価を発表しました。

毎年6月、MSCIは、国際投資業界との協議に基づいて、見直し対象の市場について検討結果を発表しています。その際、MSCIは、次回の市場分類変更の対象となる可能性のある市場を発表しています。

MSCIについて

MSCIは40年以上にわたってリサーチに裏付けられた指数と分析を提供し、世界の主要投資家による優れたポートフォリオの構築と運用に貢献してきました。クライアントは、ポートフォリオのパフォーマンスとリスクの要因に関する深い洞察を得ることができ、多岐にわたる資産クラスを網羅した革新的なリサーチを提供する当社の製品とサービスを活用しています。

当社の製品およびサービスには、各種指数、分析モデル、データ、不動産ベンチマーク、ESGリサーチがあります。

MSCIは、資産運用会社の規模上位100社(直近のP&Iランキングによる)のうち99社にサービスを提供しています。

詳細情報については、www.msci.comをご覧ください。

本書および、これに記載されたすべての文章、データ、グラフ、図表(これらに限定されない)を含むすべての情報(総称して「本情報」)は、MSCIまたはその子会社(総称して「MSCI」)、またはMSCIのライセンサー、あるいは情報の作成または編集に関わった直接的または間接的供給業者または第三者(総称してMSCIにとっての「情報提供者」)の財産であり、参考情報としてのみ提供されています。本情報は、MSCIの事前の許可書なしに全部またはその一部を変更、リバース・エンジニア、複製または再配布することはできません。

本情報は、派生物の作成や他のデータまたは情報の検証や修正のために使用することはできません。例えば(これらに限るものではありませんが)、本情報は、指数、データベース、リスクモデル、分析、ソフトウエアの作成のために使用することや、本情報または他のMSCIデータ、情報、商品またはサービスを利用または基礎として活用した、これらに連動した、これらをトラックする、あるいはその他何らかの形でこれらから導出された証券、ポートフォリオ、金融商品または他の投資手段の発行、提供、出資、管理または売り出しに関連して使用することはできません。

本情報を利用する者は、本情報の利用あるいは許可のリスクをすべて負います。いずれの情報提供者も、本情報(または本情報の利用により得られる結果)に関して明示的または暗示的な保証を行うものではなく、適用法で認められる最大限の範囲で、各情報提供者は、本情報のいかなる部分についても、すべての暗示的保証(原本性、正確性、適時性、非侵害性、完全性、商業性および特定の目的への適合性に関する暗示的保証などを含む)を明確に否認します。

前記のいずれの規定も損なうことなく、また適用法が認める最大限の範囲で、情報提供者は、損害の可能性について通知を受けた場合でも、いかなる場合も本情報に関して、直接的、間接的、特別、懲罰的、結果的(遺失利益を含む)あるいは他の損害に対して責任を負うものではありません。この記述は、適用法により除外または制限できない責任を除外または制限するものではありません。これには、場合によって自己、その従業員、代理人または下請け業者の過失または意図的な義務不履行によって発生した限りでの死亡または人身傷害に対する責任が含まれますがこれらに限定されません。

過去の情報、データまたは分析を含む情報は、将来の業績、分析、見通しまたは予測を予示または保証するものではありません。過去の業績は将来の結果を保証するものではありません。

投資およびその他の経営上の意思決定に際して本情報を信頼すべきではなく、本情報は利用者、経営陣、従業員、アドバイザーまたは顧客のスキル、判断力、経験の代わりとなるものではありません。いかなる情報も個人のためのものではなく、特定の個人、機関、グループのニーズに合わせて準備されたものではありません。

本情報のいずれも、証券、金融商品または他の投資手段や取引戦略の販売申し出(または購入申し出の勧誘)に当たるものではありません。

指数に直接投資することはできません。指数が示す資産クラス、投資戦略、その他の商品へのエクスポージャーは、当該指数に基づき第三者が投資可能な金融商品があれば、それを通じてのみ確保することができます。MSCIは、MSCI指数のパフォーマンスに基づくあるいはこれに連動する可能性のあるファンド、ETF、デリバティブ商品、その他の証券、投資、金融商品または投資戦略(総称:指数連動型投資商品)に関するいかなる意見も、発表、支持、是認、販売、提供、検討または表明するものではありません。MSCIは、指数連動型投資商品が指数のパフォーマンスに正確に連動する、またはプラスの投資リターンを提供することを保証するものではありません。MSCIは投資アドバイザーあるいは受託者ではなく、いかなる指数連動型投資商品についてもその投資の可否について何ら表明するものではありません。

指数のリターンは、投資可能な資産や証券の実際の取引の結果を示すものではありません。MSCIは指数を維持し、集計しますが、現物の資産を運用するわけではありません。指数のリターンは、指数や指数連動型投資商品の原証券を購入する際に投資家が支払う可能性のある販売手数料の支払いを反映していません。これらの手数料が課されることにより、指数連動型投資商品のパフォーマンスはMSCIの指数のパフォーマンスと異なるものとなる可能性があります。

本プレスリリースにおける情報は、過去のデータに基づく検証結果を含む可能性があります。このようにして検証されたパフォーマンスは実際のパフォーマンスではなく、仮定のものです。検証に基づくパフォーマンスといずれかの投資戦略により得られた実際の結果は、しばしば大きく異なります。

MSCI株価指数の構成企業は上場企業で、指数の算出基準に従って指数に算入または除外されます。従って、MSCI株価指数にMSCI、MSCIの顧客、またはMSCIの供給業者が算入される可能性があります。MSCI指数への証券の算入は、MSCIによる当該証券の購入、売却、保有の推奨を意味するものではなく、また投資の助言と捉えられるべきではありません。

MSCI ESGリサーチおよびバーラを含むMSCIの様々な関連会社により作成されたデータや情報が、MSCI指数の算出に際して使用される可能性があります。指数の手法に関する詳細情報はwww.msci.comをご覧ください。

MSCIは、第三者への指数のライセンス供与により報酬を受け取っています。MSCIの収入は、指数連動投資商品を構成する資産に基づいて支払われる手数料を含みます。詳細情報については、MSCIのウェブサイト(www.msci.com)の「インベスター・リレーションズ」にMSCIが掲載する文書をご覧ください。

MSCI ESGリサーチは1940年投資顧問法に基づく登録投資顧問会社で、MSCIの子会社です。MSCI ESGリサーチが提供する商品またはサービスで該当するものを除き、MSCIおよびその商品やサービスは、いかなる発行者、証券、金融商品または投資戦略について推奨、是認、承認または何らかの意見を表明するものではなく、またMSCIの商品やサービスは投資意思決定(または意思決定を行わないこと)に対する助言や推奨を行うものではなく、またそのように信頼されるべきものではありません。MSCI ESGリサーチの資料で言及または記載された発行者は、MSCI、MSCIの顧客またはMSCIの供給業者である可能性があり、またMSCI ESGリサーチからリサーチその他の商品およびサービスを購入する可能性があります。MSCI ESG指数または他の商品で使用される資料を含むMSCI ESGリサーチの資料は、米国証券取引委員会または他の規制当局に提出されておらず、これらの承認を受けていません。

MSCIの商品、サービスまたは情報の利用または入手には、MSCIの許諾が必要です。MSCI、Barra、RiskMetrics、IPD、InvestorForceおよび他のMSCIブランドと商品名は、米国および他の管轄地域におけるMSCIまたはその子会社の商標、サービスマーク、または登録商標です。世界産業分類基準(GICS)はMSCIおよびスタンダード&プアーズが開発したものであり、両社の独占的財産です。「Global Industry Classification Standard (GICS)」は、MSCIおよびスタンダード&プアーズのサービスマークです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20180622005303/ja/

連絡先
Media Inquiries
New York
Kaitlyn Downing, + 1 646-465-6695
pr@msci.com
または
London
Nick Denton, +44 (0)7770 272 083
msci@mhpc.com
または
James Morgan, +44 (0)7584 681 475
msci@mhpc.com
または
Hong Kong
James Jarman, + 852 3768 4545
ftimsci@fticonsulting.com
または
MSCI Global Client Service
EMEA Client Service, + 44 20 7618.2222
または
Americas Client Service, 1 888 588 4567 (toll free)
または
Asia Pacific Client Service + 852 2844 9333

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース